ふれっしゅのーと

ふれっしゅのーと

趣味に生きる30代エンジニアが心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく書きつくるブログ

藁にもすがる思いで『エンジニアのための時間管理術』を読んだ

最近仕事もプライベートもやりたいことが多くてタスクがあふれかえっているので、藁にもすがる思いで O'Reilly から出版されている『エンジニアのための時間管理術』を読んでみました。読書メモと自分の感想を記録しておきます。


はじめに

著者は Thomas A. Limoncelli 氏。タイムマネジメントが得意なシスアドおじさん。Limoncelli というラストネームが珍しい気がしたので調べてみたところイタリアのレモン・リキュール Limoncello(リモンチェッロ)の複数形でした。仲間にジンとかウォッカとかいそう。

それでは、深く腰掛けて、手を外に出さないで、安全バーをおろして楽しんでください。Tom がタイムマネジメントと健全なる世界へあなたをご案内します。


青山剛昌/小学館名探偵コナン(1)』より引用)

第1章:タイムマネジメントの原則

この本全体の軸となる6つの原則です。

  1. タイムマネジメント情報を1箇所にまとめる
  2. 頭の片隅に置いておかず外部ストレージ(=メモ)に追い出す
  3. 日課(ルーチン)を定める
    • 無駄な意思決定プロセスを挟む時間が惜しいので
  4. 過去の経験則に裏付けられた自分の行動指針を持つ
    • 「早いに越したことはない」とか
  5. 割り込みは集中力の天敵なので最小限に抑える
  6. プライベートにも仕事と同じツールを使う

大体普段から心がけている内容です。特に 2. は効果的。頭の片隅にずっと置いておくと結局集中力の妨げになるので。最後の 6. は機密保持の観点でやめておいたほうがよいと思います。個人的に気になるのは 5. の割り込み対策。このあとの章で対処法が詳しく説明されるようなので期待。

第2章:集中と割り込み

割り込みタスクが入ると、そのあと元のタスクに戻るときに「思い出す時間」が余計にかかるので、タイムマネジメントにとって害悪でしかありません。顧客からの要求が割り込んできたときの対処法は

「委任」「記録」「実行」

の3つ。他に対処できる人がいれば「委任」し、緊急でなければ要求を「記録」し(頭で記憶はNG)、本当に緊急であれば即「実行」する、という三択です。どの選択肢を取るか冷静に判断することが大事。割と当たり前のことを言ってる気もしますが、自分の場合、緊急性を十分に考えず「ほぅ、確かにそれも気になる…」とつい割り込みタスクに気移りして「実行」しがちなので、肝に銘じておきたいです。

また、章末のコラム『とにかく着手する』では、じっくり集中してコメントを考える時間が取れるまで返信を後回しにしちゃう筆者友人の話が出てきて、まさに自分と重なるものがあったので、ドキッとしました。この手のタスクはつべこべ言わずにすぐ着手するに限るんですよね。巧遅は拙速にしかず。

余談ですが、ブログ記事の執筆もいつもなら自分に甘く「あとでじっくり余裕があるときに…」としがちなのですが、本書のコラムに刺激されて鉄は熱いうちに打たねばと思い、今回は読書後すぐに感想を書いています。

第3章:ルーチン

筆者こだわりのルーチンが14ページにわたってぎっしり紹介されていて、ちょっと多い(笑) 「毎週日曜日に給油する」は頻度高くないか?と感じたけど、車通勤だとそんなものなのだろうか。

良いルーチンを一度作っておくと、毎回の決定コストを省くことができ、創造的な活動に専念しやすくなるとのこと。僕の場合は重要度の高い定期タスクについては、忘れないようにスケジューラーやリマインダーで管理しているのですが、本書では重要度の低いタスクも(あんまりサボるとあとでツケが回ってくるので)ルーチン化すべきだと書いてありました。確かにその通りで、はっと気づいたら塵が積もって山になっていて苦しむことがしばしばあるので、もう少し瑣末なルーチンも積極的に増やしていきたいです。

第4章:サイクルシステム

筆者の考えた最強の時間管理術「サイクルシステム」の話です。

  1. 今日の会議・約束を除いた作業可能時間を計算する
  2. 今日やることの所要時間を見積もり、作業リストを作る
  3. 予定に取り組む
  4. 未完了タスクを翌日のリストに回す
  5. このサイクルを毎日繰り返す

画期的で目新しいアイデアを期待していましたが、意外と普通ですよね。TODO アプリで標準機能として実装されているレベル。まあ僕の場合、TODO アプリを起動すると毎日繰越タスクが 100 件ぐらい初期表示されているので、筆者の唱えるサイクルシステムを全然正しく実践できてないのは明らかなのですが。

第5章:作業リストとスケジュール

サイクルシステムの具体的な手法の話。2006年に出版された本なので紙の手帳や PDA(いにしえの情報端末)を使った実践方法が書かれていて隔世の感がありますね。PDAスマホに読み替えると現代人も理解しやすいです。

特に「処理しきれない作業」の攻略法は食い入るように読みました。

  • 優先順位の低い仕事を翌日に回す
  • 作業を小分けにする
  • 作業の範囲を狭める
  • 所要時間を多めに見積もる
  • 委任する
  • 優先順位を上司に確認する
  • 会議を欠席する
  • 残業する(最悪の選択肢)

何よりなんとなくで今日の作業を進めていくのではなく、1日の最初に10分程度の時間を確保して作業リストを作る ことがサイクルシステムの円滑な進行には欠かせません。つい PC を開くとすぐにメールチェックを始めてしまいますが、ぐっと堪えて、作業リストを作るまで他の作業を始めないように心がけなくてはいけませんね。

第6章:カレンダーの管理

カレンダーに予定を書き込んでおくと役立つ。あたりまえ体操

第7章:人生の目標

目標を明確にしておかないと、どこを目指して努力すればよいのかわかりません。仕事とプライベートのそれぞれで、ひと月、1年後、5年後の目標をリストアップし、優先順位をつけて、達成に必要な手順を書き出しておき、「次の手順」を作業リストに追加することを筆者は推奨しています。(そして、月に一度、目標と手順を見直します)

 とにかくそれらをリストアップしてください。終わるまで待っていますから。本当です。待っています。表が完成するまで、次の段落には進んではなりません。あなたの頭の中ではなく、実際の紙にリストアップしてください。
 それらをリストアップしませんでしたね。いつかこの章をもう一度読んだときに表を埋めればいいと考えましたね。本書のすべての演習には、共通点が1つあります。それは、実際にやってみなければ、うまくいかないことです。ですから、今すぐ紙を取り出して、書き始めてください。

と、ここまでしつこく念押しされました。まあ、まだ書いてないんですが。

第8章:優先順位

優先順位に関するノウハウが詰まっている章。めちゃ有益。

  • 簡単・効果大 > 難・効果大 > 簡単・効果小 > 難・効果小 の順で優先
  • 難・効果大 より 簡単・効果小 を進めたくなるが、難・効果大 に挑戦する社員のほうが優遇されがち
  • 顧客の要求を優先したほうが、顧客満足度が高まって得。
  • 上司の要求は特別に優遇して最優先で対応。要求の裏には自分が知らない大きなプロジェクトとの依存関係があることが多いため(+上司評価が上がって給与増額にもつながる)

第9章:ストレスの管理

休憩しよう。深呼吸しよう。いまわの際の言葉が「もっと仕事の時間を増やせばよかった」という人はいない。

  • 本当に負担が重くて立ち行かなくなったら上司に相談
  • 休暇を取ってリラックス(旅先にノートPCを持って行くな)

ストレスを抱えていると仕事の効率が落ちるので、時間管理術の観点でも休暇は大事。「休暇を満喫するには、12〜14日は必要です」と書いてあって、アメリカとの文化の差を感じました。丸2週間休んでみたいものです。

第10章:電子メールの管理

メールに忙殺されないよう適切なフィルタ設定が大事。古いメールに価値はないので、どんどん削除しよう!という話には全く共感できず(2006年当時はストレージが貧弱だったのかな)

第11章:時間の浪費

しょーもない作業、不要なメーリス、どうでもよい雑談、迷惑なセールス、無駄な会議、等々、時間の浪費はどんどん排除していこうという話。僕も最近は任意参加の会議には(同調圧力に屈さず)極力参加しないようにしてます。

本筋とは関係ないですが、時間の浪費の話の中で、SNS ではなく「掲示板やUsenet」が出てきたり、「DVD を郵送でレンタルできる Netflix」が出てきたりして、インターネット考古学的な観点でも興味深かったです。

第12章:文書化

最近は Wiki という便利なテクノロジーがあって… と前時代的な話が淡々と進むので、現代人は読み飛ばしても良い章だと思います。ちなみに筆者は「Wiki」という名前が気に食わず「たとえ鉛を金に変えようとも、あのふざけた名前のシステムは絶対に使用しない」と3年間 Wiki を無視していたそうです。

第13章:自動化

正直、竜頭蛇尾な感じで、第10章以降は流し読みでもよいと思います。本章では自動化が便利だというエンジニアにとっては当たり前の話が書かれています。Makefiletcpdump の例はシスアド色強め。現代だと Python による自動化なんかを別の本で勉強したほうがよいです。

おわりに

最後に、本書のテクニックを実践して手に入れた自由時間は、仕事ではなく愛する家族のために使うべきだと締められていました。良い話。

行宗春意さん、お忘れ物が届いてますよ。

江戸時代の忘れ物

草津宿本陣(滋賀県草津市)で2019年に江戸時代の忘れ物(失念物)が発見されたニュースがありました。土蔵内の箪笥の引き出しに全18点の忘れ物が保管されており*1、その中でも特に新選組の忘れ物である煙管(キセル)入れは注目を浴びました。

www3.nhk.or.jp

今回、『広報くさつ』2024年6月号の歴史コラムを読んでいて、新選組の陰に隠れたその他の忘れ物の1つに興味を惹かれました。

田中七左衛門本陣に残された膨大な歴史資料の中でも特にユニークなのが、全18点の「忘れ物」です。(略)例えば2点が残る「鍵」(略)紙札によると「土州藩(土佐藩)」の行宗春意(ゆきむねはるおき ※ふりがなは推測)という人物が草津宿内の合羽屋という旅籠に忘れたもののようです。「庭に落ていたと子供箒ひろい候(原文ママ)」と、発見時の状況まで書き留められていました。
 

「行宗春意」という持ち主の名前まではっきりと書いてあるのです。この行宗さんは一体どんな人物だったのか、子孫はいるのか、もし子孫がいたら「忘れ物が草津宿本陣に届いてますよ」と教えてあげたい、そんな気持ちがふつふつと湧いてきました。

行宗春意さんはどこのどなたなのか

まず Google 検索してみましたが……

"行宗春意"との一致はありません。

おそらくこのブログ記事を投稿した後は Google 検索結果は1件になっていることでしょう。

さて続いて国立国会図書館デジタルコレクションで検索してみました。すると1件ヒットしました!

山内神社高知県高知市)の土佐山内家宝物資料館に所蔵されている『幕末維新』という書物に行宗春意さんの名前がありました。


山内家史料刊行委員会『幕末維新』第12編 (第十六代豊範公紀 明治二年一月一日~明治三年二月末日)(国立国会図書館デジタルコレクション) p.154 より引用

茶道に関する内容のようです。明治時代の手書き文書にしては比較的読みやすい字で書かれているので、なんとか読み取れそうです。

六日茶道ノ蓄髪ヲ許ス
明治二年記録四月六日
 
一 御茶道頭始御坊主共左之通被仰付可然之詮議之上……今日御茶道頭行宗春意役場へ招端書相渡御近習懸り参政御屋敷御用役等へ以切紙及通達食貨懸り参政之を書付夫夫相渡……
 
……此度御詮議振を以御茶道頭始御坊主共蓄髪被差明之尤髷致候儀を不被成束髪たるべき事……

明治の世になって茶道関係者の蓄髪(髪を伸ばすこと)を認めるお達しが出たことを受け、御茶道頭である行宗春意さんを役場へ招いて文書を渡した、といった内容だと思われます。行宗春意さんが土佐藩の茶道頭だったことがわかりました。

「行宗 茶道」で再び Google 検索すると、

行宗桃源宗行 - 茶人で先祖は大忍庄西川城主、のち長宗我部家臣 - 南国土佐へ来てみいや というブログ記事がヒットしました。

行宗桃源宗行(ゆきむね とうげん むねゆき)は、文政6年(1823)に土佐郡小高村(現・高知市)父・五代目桃源の子として生まれる。80石取りの代々茶の湯に関わってきた藩士の家で、行宗春次(4代目)、桃源(5代目)(渕魚・新柳斎)と続く。桃源は父から石州流の茶の湯を受け継ぎ、さらに江戸在勤の折に千家の弧峰庵・川上不白に入門し、その系統の茶道を深めた。幕末から明治初期にかけて、高知市の庶民の間に、江戸千家流をひろめた人である。明治15年(1882)に60歳で没。
【参考・引用】 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社

引用の引用で恐縮です。ここに行宗春意さんは出てきませんが、行宗春次という似た名前の人がいることから親戚ではないかと推測できます。時代的に行宗桃源宗行に次ぐ6代目あたりが行宗春意さんだったのではないでしょうか。

今回の調査でわかったのはここまで。茶道の名家とのことなので、現代まで脈々と続いているかと思ったのですが、残念ながら子孫と思しき人物までは辿り着けませんでした。このブログ記事が偶然子孫の目に触れて、ご先祖様が落とした鍵が遠く近江の地に遺失物として保管され続けていることが伝われば幸いです。

関連記事

草津宿本陣については、友人に草津の街を案内したときの記事でも触れています。こちらも良ければお読みください。

fffw2.hateblo.jp

暗記用チェックペンはアルカリで無色化できる

暗記用チェックペンで落書きされた

やられました。

犯人はいたずらっ子の1歳児。お父さんが目を離した隙にシーツに悠然と落書きをしていました。よりによってゼブラの暗記用チェックペンなので、強烈な濃い緑色のシミがついてしまってます。

どうやら水性ペンではないようで水拭きしても落ちません。

はっ、そういえば昔「チェック消しペン」たるものがあった気がするぞ…!

これです。

インクの色を無効化する特殊能力をもつペンです。一度チェック消しペンで線を引いた場所にはもう二度と緑色の線を引くことはできないという最強っぷり。

裏面を見てもインクの原料は表示されておらず正体は謎。エタノールとかそんな安っぽいものではないと思うんですが、一体どんなからくりを使っているのでしょうか。

公式サイトにも説明が載っておらず苦戦の予感がしましたが、企業秘密ということはもしや特許か?と角度を変えて調べてみたところ、すぐに暗記用チェックペンに関する特許が見つかりました。

「特許番号 6606886 暗記用ペン及び暗記用ペンセット」

https://ipforce.jp/patent-jp-B9-6606886

この特許に「チェック消しペン」の原理も明記されています。

例えば使用者によって確実に暗記できたと認識される着色箇所Cなど、着色シート1により視認され得なくする必要が無くなった着色箇所Cに対しては、消色ペン3を用いることにより容易に消色させることが可能である。具体的に説明すると、第三のペン先31を用いて着色箇所Cに対し消色液33を塗布すると、溶媒33bは揮発或いは蒸発するものの紙Pの表面には第一のインク23よりも高いpHを呈する消色剤33aが付着する。これにより第一のインク23のpHも高くなり、その結果当該第一のインク23の特性により、緑色から透明へと消色する。

どうやら pH が高いと緑色から無色に変化する ようです。リトマス紙やフェノールフタレインなどと同じ原理なのですね。

暗記用チェックペンはアルカリで落ちるのか?

ノートにチェックペンで緑色の線を引き、アルカリ性の液体としてキッチンハイターを塗布してみました。結果はご覧の通り。

見事に無色化に成功しました!!素晴らしい。

これで我が家のシーツの緑色のシミも無色化できますね。

早速ハイターをシーツにシュッシュッと吹きつけてみました。その瞬間、みるみるうちに緑色が消えていき…… あ、あれ?? なんか周りの灰色も様子がおかしいぞ!!?

うわああああああああああああああああああああああああ

みてね無料版用にffmpegで動画を3分ごとに分割する

家族アルバムアプリ「みてね」最高ですよね。愛用しています。

無料版だと動画アップロードに3分制限があるので、長尺の動画を無料枠でアップロードしたいときは3分ごとに分割する必要があります。以前は iPhone で動画ファイルを必要な数だけ複製して各々3分になるように手動でトリミングしていたのですが、iPhone の UI で秒単位での微調整をするのが結構手間でした。

そこで神コマンド ffmpeg です!

ffmpeg -i input.mp4 -c copy -f segment -reset_timestamps 1 -segment_time 176 ./output%02d.mp4

このコマンドを叩くだけで一発で3分ごとに動画ファイルを分割できます。

ffmpeg コマンドのインストール方法は各自ググってください。Mac で Homebrew を使っていれば brew install ffmpeg でインストールできるので楽です。Windows だと若干面倒かも。

何してるかわからないと怖いと思うので、使ってるオプションの意味も軽く補足。

  • -i input.mp4:入力ファイルを指定
  • -c copy:このオプションを使うと高速(再エンコードせずそのままコピー)
  • -f segment:複数ファイルに分割
  • -reset_timestamps 1:分割後のファイルのタイムスタンプをリセット。これを指定しないと先頭に空白が入った動画ファイルが生み出される。
  • -segment_time 176:176秒ごとに分割(180秒を指定したら181秒の動画になった)。動画ファイルのキーフレーム間隔に依存して指定秒数ぴったりにはならないので、各自ご自由に微調整を。
  • ./output%02d.mp4:出力ファイル名。%02dは2桁の連番。

有料版のみてねプレミアムに加入すると、3分制限は撤廃されますが、それでも動画は10分までという上限があります。上記コマンドを-segment_time 600に変更すれば、10分ごとの動画分割もできるので、有料版みてね勢のかたも参考にしてください。

草津市小字一覧7(栗太郡老上村)

草津市小字地図』から小字名・読み・備考を抽出しました。小字名の検索・分析にご活用ください。

fffw2.hateblo.jp

草津市橋岡町の小字

字大町
(ヲゝマチ)
「柚ノ木」「大町」の合併字(字取調書)
字名林
(ナバヤシ)
「名林」「前田」の合併字(字取調書)
字庄司田
(シヨウヂタ)
「庄司田」「下ノ新溜池」「内海道」の合併字(字取調書)
字池ノ下
(イケノシタ)
字下新溜池
(シモノシンヤマダイケ)
地籍図では「下ノ新溜池」(溜の右上がツの略字)、字取調書では「下ノ新山田池」、登記情報では「下新溜池」。「溜」の略字を「山田」の縦書きと間違えたのだろうか。
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
なし

草津市新浜町の小字

上屋敷
(カミヤシキ)
中屋敷
(ナカヤシキ)
字薮越
(ヤブコシ)
地籍図では「薮ノ越」、字取調書では「薮越」、登記情報では「薮越」「薮ノ越」
字北浜
(キタハマ)
字元北川崎
(モトキタガハサキ)
字南川崎
(ミナミカハサキ)
釜谷ノ内
(カマヤノウチ)
地籍図では「谷内」、字取調書・登記情報では「釜谷ノ内」
字開キ
(ヒラキ)
地籍図では「開」(略字)、字取調書・登記情報では「開キ」
字芋ヶ町
(イモガチヨ)
字尺迦野
(ジヤカノ)
地籍図では「釈迦ヶ野」、字取調書では「尺迦野」、登記情報では「尺迦野」「釈迦野」
字四ノ坪
(シノツボ)
字上川中
(カミカハラ)
地籍図・登記情報では「上川中」、字取調書では「上川原」
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
13 字元川嵜
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
なし

草津市南笠町の小字

字月法 地籍図・登記情報にあるが字取調書に記載なし。登記情報では笠山1丁目・南笠町・南笠東1丁目に属する。
字岩ヶ崎
(イハケサキ)
「岩ヶ崎」「南田」「領ノ越」の合併字(字取調書#1:イハケサキ)、「岩ヶ嵜」「南田」の合併字(字取調書#26:イハガサキ)
字中林
(サカハヤシ)
「南田」「氏神」「柿ソヘ」「由田」「中林」の合併字、読みが「サカハヤシ」だが「ナカハヤシ」の誤記だろう(字取調書)
字大田
(ヲゝタ)
堅田黒」「森⻆」「中林」「祭り田」「大田」の合併字(字取調書)
字鳩ヶ森
(ハトカモリ)
「杦ノ木」「久ノ木」の合併字(字取調書)
字大深ケ
(ヲゝフケ)
「鳩ヶ森」「芝田」「小深毛」「直」「弓田」の合併字(字取調書)。地籍図・登記情報では「大深ケ」、字取調書では「大深毛」
字池田
(イケタ)
「池田」「走リ折」「谷」「中林」の合併字(字取調書)
西海道
(ニシノカイドヲ)
西ノ海道」「⻆田」「ノキノヲ子」「五郎兵衛田」「地造田」「針ノ木町」「走リ折」の合併字(字取調書)。地籍図・登記情報では「西海道」、字取調書では「西ノ海道」
字堂ノ前
(ドヲノマイ)
「堂ノ前」「カキソヘ」「走リ折」「西之海道」「嶋合」「ハス池」の合併字(字取調書)
字風呂海道
(フロノカイドヲ)
「谷」「神明」「風呂海道」「穴口」の合併字(字取調書)、地籍図では風の中が点2つ(風の略字)
字北野
(キタノ)
「大市田」「戌亥⻆」「北野」「西ノ畑ケ」「天神林」「口芝田」の合併字(字取調書)
字大狭
(ヲゝハサマ)
「大狹」「丸セ町」の合併字(字取調書)、地籍図・字取調書では大狹(挟の旧字体
字中堂
(ナカノド)
「中ノ堂」「二石田」「但馬海道」「大狹」「椿ノ木」「宮田」の合併字(字取調書)。地籍図・登記情報では「中堂」、字取調書では「中ノ堂」
字大日
(ダイニチ)
「大日」「馬道」「大将軍」「木ノ下」「樋口」の合併字(字取調書)
字黒土
(クロツチ)
「谷」「白海道」「黒土」「平野」「千々ノ山」「六十歩」の合併字(字取調書)
字平野
(ヒロノ)
「平野」「大橋」「山中」「茶ノ四郎」「黒土」の合併字(字取調書)
字領木
(リヨヲギ)
「下池㞍」「畑ケ田」「領木」「馬道」の合併字(字取調書)
字木ノ下
(キノシタ)
「木ノ下」「赤金」「大将軍」「東浦」の合併字(字取調書)
字東寺
(トヲジ)
「東寺」「田中川」「ヲイツ田」「ナカレ」「小野」の合併字(字取調書)
字池ノ尻
(イケノシリ)
「池ノ㞍」「一メ渕」「御倉田」の合併字(字取調書)
字唐堀
(カラホリ)
「唐堀」「池ノ㞍」「二畝町」「新毛」の合併字(字取調書)
字烏尾
(カラスヲ)
「立用堂」「烏㞍(烏尾の誤記か)」「二ツ清水」「小野」「レンホ田」「茂ニノ木」の合併字(字取調書)
字田中川
(タナカガハ)
「田中川」「服部田」「五反田」「風呂田」「湯之中」の合併字(字取調書)
字法願田
(ホヲガンダ)
「法願田」「烏尾」「タナ」「神樂田」の合併字(字取調書)
字五反田
(ゴヲタンダ)
「五反田」「田中川」「觀音田」の合併字(字取調書)。地籍図では「三反田」、字取調書・登記情報では「五反田」
字三十六
(サンヂユロク)
「三十六」「湯中」「砂田」の合併字(字取調書)
字新毛
(シンケ)
字久ノ木
(クノキ)
地籍図・登記情報では「九ノ木」、字取調書では「久ノ木」
字水呑
(ミヅノミ)
字取調書#35「水谷(ミヅタニ)」はおそらく重複
深谷
(フカタニ)
字山口
(ヤマクチ)
字師子舞谷
(シシマイ)
表記ゆれが著しい。地籍図は「獅々舞谷」、字取調書は「師々舞」、登記情報は「師子舞谷」、公園名は「師子舞谷児童遊園」、橋梁名は「獅子舞橋」
字中芝田
(ナカシバダ)
字笹ノ口
(サゝノクチ)
登記情報では「笹ノ口」「笹之口」
字笠山
(カサヤマ)
地籍図では「笹山」、字取調書・登記情報では「笠山」
字新池
(シンイケ)
字笠堂
(カサドヲ)
字椿谷
(ツバキダニ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
南笠町字開華

草津市野路町の小字

木瓜 地籍図では空欄。字取調書にも記載なし。登記情報では「木瓜原」。
字南田山 地籍図では「南山田」、字取調書には記載なし、登記情報では「南田山」。当地の稲荷神社に南田山古墳がある。国道1号の南田山バス停は字瓦屋のあたりにあり、場所が異なる。
字南桂
字静池 地籍図では「靜池」、字取調書には記載なし、登記情報では「静池」
字込坂
字黒鍬池 地籍図では「鍬池」、字取調書には記載なし、登記情報では「黒鍬池」
木瓜原池 地籍図ではここに「木爪原」(おそらく爪は誤字)と記載されている
字下北池
(シモキタイケ)
地籍図では「下池北」になっているが誤りだろう。字取調書・登記情報では「下北池」(「下北池」「静ケ」「川原」「一ケ坪」の合併字)。矢倉2丁目・西矢倉3丁目の登記にも存在。
字十条
(ジウジヲ)
地籍図では「十條」、字取調書・登記情報では「十条」(「十条」「川口」の合併字)
字沢
(サワ)
地籍図では「沢」、字取調書では「澤」(「澤」「瓦屋」の合併字)、登記情報では「沢」「澤」共に存在
字廣野
(ヒロノ)
地籍図では「広野」、字取調書・登記情報では「廣野」(「廣野」「百々」の合併字)
字茶屋後
(チヤノヲシロ)
「掛野伊」「茶屋後」の合併字(字取調書)
字培坂
(ハイサカ)
「培坂」「切戸川原」の合併字(字取調書)
字横土井
(ヨコドイ)
「横土井」「此ヶ谷」の合併字(字取調書)
字内山
(ウチヤマ)
「内山」「宮前」の合併字(字取調書)
字西浦
(ニシウラ)
「西浦」「鴨子」の合併字(字取調書)
字上北池
(カミキタイケ)
矢倉2丁目・東矢倉2丁目の登記にも存在
字池之尻
(イケノシリ)
地籍図では「池ノ尻」、字取調書・登記情報では「池之尻」
字金鉄落
(カナクソ)
字西之野
(ニシノノ)
字岡田
(オカダ)
字池之内
(イケノウチ)
地籍図では「池ノ内」、字取調書・登記情報では「池之内」
字姥ヶ尻
(ウバカシリ)
字榊差
(サカキダシ)
地籍図では「神差」になっているが誤りだろう。字取調書・登記情報では「榊差」
字玉水
(タマミズ)
字大ノ口
(ヲノクチ)
字蓮池
(ハスイケ)
観音堂
(クハンヲンドヲ)
字清水作
(シミスツクリ)
字砂池
(スナシケ)
字仮又
(カリマタ)
字荒田
(アラタ)
字東浦
(ヒガシウラ)
字新町
(シンマチ)
字萩之里
(ハギノサト)
字七廻リ
(ナゝマハリ)
地籍図と字取調書では「七廽リ」(廻の異体字
字小野山
(ヲノヤマ)
字笠ヶ谷
(カサガタニ)
字亀ヶ谷
(カメガタニ)
字吹谷
(フキタニ)
字サブ山
(サブヤマ)
地籍図・登記情報では「サブ山」、字取調書では「冷山」
字キヤラ谷
(キヤラタニ)
字小カス
(コヲカス)
字丸塚
(マルヅカ)
字アイヅリ谷
(アイツリタニ)
地籍図・字取調書では「アイツリ谷」、登記情報では「アイヅリ谷」
字石坂
(イシサカ)
字十禅寺
(ジユゼンジ)
地籍図では「禅寺」、字取調書では「十禪寺」、登記情報では「十禅寺」
字南池
(ミナミイケ)
字中山田
(ナカヤマダ)
字狸山
(タノケヤマ)
字御林山
(ゴリンザン)
字中島
(サカジマ)
字勇済谷
(ユサイダニ)
字牛ヶ町
(ウシミチ)
地籍図・字取調書では「牛ヶ町」、登記情報では「牛ヶ町」「牛道」
字三ヶ林
(サカハヤシ)
字大谷
(ヲゝダニ)
字挟間末崎
(マツサキ)
地籍図では「狹間未崎」(挟の旧字体)、字取調書では「未崎」だが読みが「マツサキ」なので「末崎」か。登記情報では「挟間」「末崎」共に存在。南草津駅建設以前は狭間池があった。
字鳥ヶ辻
(トリガツジ)
地籍図では「島ヶ辻」になっているが誤りだろう。字取調書・登記情報では「鳥ヶ辻」
字深尾
(フカヲ)
深尾八左衛門が造成した八左衛門池の跡地
字惣水
(ソヲスイ)
字片原
(カタハラ)
字瓦屋
(カハラヤ)
字葭池
(ヨシイケ)
地籍図と字取調書では葭が異体字(7・8画目がコ、9・10画目が几)
字新池
(シンイケ)
地籍図上、野路町に新池は2つ存在する。こちらは桜ケ丘1丁目の新池。字取調書には「新池」は1つしか記載されておらず、どちらの新池かは不明。
字新池
(シンイケ)
地籍図上、野路町に新池は2つ存在する。こちらは野路東3丁目の新池。野路東3丁目の登記情報では「新池」の他に「新ノ池」も存在。滋賀県公文書館蔵の野路村の村絵図(普請所調査絵図)にも「新ノ池」という記載が見られる。字取調書には「新池」は1つしか記載されておらず、どちらの新池かは不明。
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
15 字妹ヶ谷, 33 字大堀池, 41 字割山, 50 字牛道, 55 字南田山, 57 字アヤツブリ谷, 59 字北池, 64 字枡池, 65 字寒山
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
野路町字大堀池, 野路町字桝池

草津市矢橋町の小字

字寺ノ軒 地籍図・登記情報にあるが、字取調書にない。
字宮脇 地籍図にあるが、字取調書・登記情報にない。
字海道 1464番地のみで構成される小字。地籍図・登記情報にあるが、字取調書にない。
字横海道
(ヨコカイドヲ)
「横海道」「小豆田」の合併字(字取調書)、「横」は田が上に突き出ない異体字(地籍図・字取調書)
字馬池下
(ムマイケシタ)
「壱之坪」「二之坪」の合併字(字取調書)
字古池下
(フルイケシタ)
「島間」「有池下」の合併字(字取調書)
字一町田
(イチチヨダ)
「臺之上」「壹町田」の合併字(字取調書)。字取調書では「壱町田」、登記情報では「一町田」。地籍図では「町田」だがおそらく脱字。
字古池上
(フルイケノカミ)
「ゴミ取」「古池ノ上」の合併字(字取調書)。地籍図では「古池」、字取調書では「古池ノ上」、登記情報では「古池上」
字奥ノ沢
(ヲクサハ)
「日待田」「奥澤」の合併字(字取調書)、地籍図・登記情報では「奥ノ沢」、字取調書では「奥澤」
字鳩ヶ森
(ハトガモリ)
「森リ」「鳩ヶ森」の合併字(字取調書)
字南東浦
(ミナミヒガシウラ)
「樋之㞍」「南東浦」の合併字(字取調書)
字大張
(ヲゝバリ)
「三間」「大張」の合併字(字取調書)
字間田
(マダ)
「間田」「スゴ」の合併字
字吉田
(ヨシダ)
「吉田」(上は土)「舩橋」の合併字(字取調書)
字開田
(カイデン)
「開田」「駒ノ口」(駒の右が勺)の合併字(字取調書)、地籍図では「開」が略字。字取調書No.12とNo.45で重複して記載されている。
字内海道
(ウチカイドヲ)
「青田山」「内海道」の合併字(字取調書)。地籍図では「内浦道」だが誤記だろう。字取調書・登記情報では「内海道」
字崎出
(サキデ)
「崎出」「正高寺嶌」の合併字(字取調書)、地籍図では「嶋出」、字取調書・登記情報では「崎出」
字人宿り
(ヒトヤドリ)
「本田」「人宿り」の合併字(字取調書)
字中林
(ナカハヤシ)
「中林」「樋之口」の合併字(字取調書)
字位野
(クライノ)
「瀬ケ溝」「位野」の合併字(字取調書)
字羽子敷
(ハゴシキ)
「尻笠」「羽子敷」の合併字(字取調書)
字狭間
(ハサマ)
「神殿海道」「狹間」の合併字(字取調書)、地籍図・字取調書では「挟」が旧字体
字鎌拼
(カマカラゲ)
「本田」「鎌拼」の合併字(字取調書)。地籍図では字横枕になっているが誤りだろう。矢橋町の登記に字横枕は存在しない。地番をもとに旧土地台帳で確認したところ字鎌拼だった。現地住民に対する聞き取り調査でも字鎌拼であることを確認済み。
字子守前
(コモリマヱ)
「枩原」「子守前」の合併字(字取調書)
字北萱
(キタカヤ)
「庚申塚」「七畝割」「北萓」の合併字(字取調書)、地籍図・字取調書では「萱」が異体字の「萓」
字八六
(ハチロク)
「八六」「橋詰」(詰の右が告、異体字)の合併字(字取調書)
字脇田
(ハキノダ)
「椿原」「脇田」(脇の右が刀3つ、異体字)の合併字(字取調書)
北浦町
(キタウラチヨ)
「新屋敷」「北浦町」の合併字(字取調書)
字寺ノ前
(テラマイ)
「細野」「寺ノ前」の合併字(字取調書)、地籍図・登記情報では「寺ノ前」、字取調書では「寺前」
字岩田
(イハデン)
「弓釣田」「岩田」の合併字(字取調書)
字新開
(シンカイ)
「新開」「黒鉾」の合併字(字取調書)、地籍図では開は略字。企業データベースによると(株)西日本技術コンサルタントの所在地が字御種子池649番地となっているが、地籍図では649番地は字新開に含まれる(地籍図に字御種子池はない)
字川上
(カハカミ)
「上萓田」(「萱」の異体字)「川上」の合併字(字取調書)。矢橋町ではなく新浜町の登記に存在。
字駒ノ口
(コマノクチ)
地籍図・登記情報では「駒ノ口」、字取調書では「駒之口」(駒の右が勺、異体字
字中庄司
(ナカシヨシ)
字池之内
(イケノウチ)
地籍図・登記情報では「池ノ内」、字取調書では「池之内」
字高倉
(タカクラ)
地籍図・字取調書では高が髙(はしご高)
字名林
(ナバヤシ)
字殿坪
(トノツボ)
地籍図では「殿坪」(殿の几がソ)、字取調書では「殿ノ坪」、登記情報では「殿坪」
字水曽呂
(ミヅゾロ)
字菊間野
(キクマノ)
中ノ沢
(ナカノサワ)
字寺田
(テラダ)
字新堂
(シンド)
字獅々田
(シゝダ)
字花田
(ハナダ)
字馬ノ座
(ムマノザ)
地籍図・登記情報では「馬ノ座」、字取調書では「馬之𫝶」
字春日田
(カスガダ)
字北船橋
(キタフ子バシ)
地籍図・登記情報では「北船橋」、字取調書では「北舩橋」
字五町目
(ゴチヨメ)
字臼森
(ウスモリ)
字勅使ノ岡
(チヨクシノヲカ)
地籍図では「勅使ノ岡」、字取調書では「勅使之岡」、登記情報では「勅使ノ岡」「勅使岡」
字森脇町
(モリハキチヨウ)
地籍図では「森脇」、字取調書では「森脇町」(脇の右は刀3つ)、登記情報では「森脇」「森脇町」
字東出町
(ヒガシデマチ)
字城ノ前町
(シロノマヱチヨ)
地籍図では「城前町」、字取調書では「城之前町」、登記情報では「城ノ前町」
字西出町
(ニシデマチ)
地籍図では「西前」、字取調書・登記情報では「西出町」
字浜之町
(ハマノチヨ)
地籍図では「浜ノ町」、字取調書では「濵之町」、登記情報では「浜之町」
字浦浜
(ウラノハマ)
地籍図・登記情報では「浦浜」、字取調書では「浦之濵」
字大久保町
(ヲゝクボチヨ)
字二町目
(ニチヨメ)
地籍図・登記情報では「二町目」、字取調書では「貮町目」
字三町目
(サンチヨメ)
字四町目
(シチヨメ)
字大将軍
(ダイシヤグン)
地籍図・字取調書では大將軍(将の旧字体
字大海道
(ダイヂゴヲ)
字東浦
(ヒガシウラ)
字河岸
(カハキシ)
地籍図・登記情報では「河岸」、字取調書では「川岸」
字百井田
(モゝイダ)
字門脇
(カトハキ)
地籍図では門は略字
字古堂
(フルドヲ)
字美濃街道
(ミノカイドヲ)
地籍図では「美濃街道」、字取調書では「美濃海道」(美の大が火、異体字)、登記情報では「美農海道」「美濃街道」
字野神
(ノカミ)
字樋ノ尻
(ヒノシリ)
地籍図・登記情報では「樋ノ尻」、字取調書では「樋之㞍」
字鑓田
(ヤリデン)
地籍図では𨯯田(鑓の遣を遺にした異体字
字串垣野
(クシカキノ)
矢橋町ではなく新浜町の登記に存在
字花ノ木
(ハナノキ)
地籍図では「袋ノ木」、字取調書・登記情報では「花ノ木」
字馬場
(ババ)
字畑ケ田
(ハタケタ)
児童遊園の名称、位置及び利用開始の期日に関する公告(平成5年3月1日)によると、矢橋花ノ木児童遊園の所在地が字畑ケ田965番12、966番8、字浮位野1040番5になっている。1040番地は地籍図では字畑ケ田に含まれる(地籍図に字浮位野はない)
萱田
(カヤタ)
地籍図・字取調書では萓田(萱の異体字
字南船橋
(ミナミフナバシ)
地籍図では「南船橋」(橋が木偏にはしご高の異体字)、字取調書では「南舩橋」、登記情報では「南船橋
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
48 字南宮腰, 51 字八幡前, 74 字御種子池, 78 字浮位野
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
矢橋町字浮位野, 矢橋町字御種子池, 矢橋町字海田, 矢橋町字帰帆(矢橋帰帆島の新設小字), 矢橋町字八幡前

草津市小字一覧6(栗太郡草津村)

草津市小字地図』から小字名・読み・備考を抽出しました。小字名の検索・分析にご活用ください。

fffw2.hateblo.jp

草津市草津町の小字

字大場南
字大丸
(ヲゝマル)
字尾丸
(ヲマル)
字小二股
(コブタマタ)
地籍図では股の右上がソの異体字
字角寺
(スミテラ)
地籍図では角の下が突き出る異体字
字土立
(ドタチ)
字下砂原
(シモスナハラ)
字中砂原
(ナカスナハラ)
字上砂原
(カミスナハラ)
字高樋
(タカビ)
地籍図では髙樋(はしご高)
字膳棚
(ゼ々タナ)
字上戸苅
(カミトガリ)
字中戸苅
(ナカトガリ)
字中ノ町
(ナカノチヨ)
地籍図・登記情報では「中ノ町」、字取調書では「中之町」
字菱池
(ヒシイケ)
字下戸苅
(シモトガリ)
字土龍
(ウゴロモチ)
地籍図では「土竜」、字取調書では「土瀧(朱消し)土龍ト改称」、登記情報では「土龍」
字横田
(ヨコタ)
地籍図では「楢田」(楢の右上はソ)、字取調書・登記情報では「横田」
字五反田
(ゴタン田)
字北松木
(キタマツキダ)
地籍図では「北松ノ木田」、字取調書・登記情報では「北松木田」
字上御田伝
(カミヲンダデン)
地籍図・登記情報では「上御田伝」、字取調書では「上御田デン」
字上三町塚
(カミサンチヨツカ)
字東横町
(ヒガシヨコマチ)
地籍図では横の由が田
字下三町塚
(シモサンチヨツカ)
字知仙坊
(チセンボヲ)
字下御田伝
(シモヲンダデン)
地籍図・登記情報では「下御田伝」、字取調書では「下御田傅」(傅は伝の旧字傳の俗字)
字的場
(マトバア)
字込田
(コミダ)
字彼岸田
(ヒガンダ)
字寺田
(テラダ)
字崩
(クヅレ)
字一ツ橋
(ヒトツバシ)
字南松木
(ミナミマツキダ)
地籍図では「南松ノ木田」、字取調書では「南枩木田」(枩は松の俗字)、登記情報では「南松木田」
字下野田
(シモノダ)
字上野田
(カミノダ)
字キロメキ
(キロメキ)
字東鐘突
(ヒガシカ子ツキ)
地籍図と字取調書では「東鐘突」(突の旧字体)、登記情報では「東鐘突」
字西鐘突
(ニシカ子ツキ)
地籍図と字取調書では「西鐘突」(突の旧字体)、登記情報では「西鐘突」
字高畑
(タカハタ)
地籍図では髙畑(はしご高)
字上門田
(カミカドタ)
地籍図では門は略字
字下門田
(シモカドタ)
地籍図では門は略字
字大門
(ダイモン)
地籍図では門は略字。矢倉1丁目・東矢倉1丁目の登記にも存在。
字宮町
(ミヤマチ)
字六町目
(ロクチヨメ)
地籍図では「六丁目」、字取調書・登記情報では「六町目」
字五町目
(ゴチヨメ)
地籍図では「五丁目」、字取調書・登記情報では「五町目」
字四町目
(ヨンチヨメ)
地籍図では「四丁目」、字取調書・登記情報では「四町目」
字三町目
(サンチヨメ)
地籍図では「三丁目」、字取調書・登記情報では「三町目」
字二町目
(ニチヨメ)
地籍図では「二丁目」、字取調書・登記情報では「二町目」
字西横町
(ニシヨコマチ)
地籍図では西が覀、横の由が田
字一町目
(イチチヨメ)
地籍図・登記情報では「一丁目」、字取調書では「壱町目」
字射場ノ前
(イバノマヱ)
地籍図では「射場前」、字取調書・登記情報では「射場ノ前」
字北中ノ町
(キタナカノマチ)
地籍図・登記情報では「北中ノ町」、字取調書では「北中町」
字六ノ坪
(ロクノツボ)
字籾干場
(モミホシバ)
字菰原
(コモハラ)
字上中ノ町
(カミナカノマチ)
字下中ノ町
(シモナカノマチ)
字東森部
(ヒガシモリベ)
字北森部
(キタモリベ)
字犬ヶ町
(イヌガチヨ)
字池尻
(イケシリ)
地籍図では「池ノ尻」、字取調書では「池尻」
字筋違
(スシタガイ)
字糠田
(ヌカダ)
字上魚ノ前
(カミウヲノマヱ)
字竹ヶ尻
(タケガシリ)
地籍図では「竹ノ尻」、字取調書・登記情報では「竹ヶ尻」
字塚ノ町
(ツカノマヱ)
地籍図では「塚之町」、字取調書では「塚ノ町」
字下魚ノ前
(シモウヲノマヱ)
地籍図では下𩵋ノ前(魚の異体字
字南森部
(ミナミモリベ)
字南ソブ田
(ミナミソブダ)
字北ソブ田
(キタソブダ)
字八町縄手
(ハチチヨナハテ)
地籍図では「八丁縄手」、字取調書・登記情報では「八町縄手」
字堂ノ後
(ドヲノヲシロ)
字下リ葉
(サガリハ)
字上高添
(カミタカソヱ)
地籍図では上髙添(はしご高)
字下高添
(シモタカソヱ)
地籍図では下髙添(はしご高)
字北下司
(キタシモツカサ)
字蔵海道
(クラカイドウ)
地籍図では「蔵街道」、字取調書・登記情報では「蔵海道」
字五位田
(ゴイデン)
字壱町田
(イチチヨダ)
地籍図では「一町田」、字取調書・登記情報では「壱町田」
字堂海道
(ドカイドウ)
地籍図では「堂街道」、字取調書・登記情報では「堂海道」
字宮ノ後
(ミヤノウシロ)
字新福寺
(シンフクジ)
登記情報では「新福寺」の他に「神福寺」も存在
上蓮
(カミハスダ)
字下蓮田
(シモハスデン)
字駒坂
(コマサカ)
字持生
(モチブ)
地籍図では「持主」、字取調書では「持主(朱消し)持生ト改称」、登記情報では「持生」
字南下司
(ミナミシモツカサ)
字大向
(ヲゝムカイ)
字ダグ田
(ダグデン)
地籍図では「タブ田」、字取調書・登記情報では「ダグ田」
字猪子辻
(イノコツヂ)
地籍図では「子辻」、字取調書では「猪ノ子辻」、登記情報では「猪子辻」
字千束
(センゾク)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
28 字中島, 38 字新池, 56 字新町
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
草津3丁目字中島, 東草津2丁目字赤根川, 東草津4丁目字新池

草津市大路井町の小字

字列草
(ツラクサ)
「ツラ草」「堤下(提ト)」の合併字(字取調書)
字馬田
(ウマダ)
「南馬田」の改称字
字世基
(ヨモトヒ)
「北ノ世基」の改称字(字取調書)。字取調書では「基」が「墓」になっているが読みと合わないので誤記だろう。
字殿町
(トノマチ)
「殿町屋敷」の改称字(字取調書)、地籍図では「殿」は右上がソの異体字
字北ノ町
(キタノマチ)
「屋敷」「町裏」「東町裏」の変更字の1つ(字取調書)。地籍図・登記情報では「北ノ町」、字取調書では「北之町」。
字中ノ町
(ナカノマチ)
「屋敷」「町裏」「東町裏」の変更字の1つ(字取調書)。地籍図・登記情報では「中ノ町」、字取調書では「中之町」。
字南ノ町
(ミナミノマチ)
「屋敷」「町裏」「東町裏」の変更字の1つ(字取調書)。地籍図では「南町」、字取調書では「南之町」、登記情報では「南ノ町」。
字新屋敷
(シンヤシキ)
「屋敷」「町裏」「東町裏」の変更字の1つ(字取調書)
字ヘラ田
(ヘラダ)
地籍図では「へら田」、字取調書・登記情報では「ヘラ田」
字砂田
(スナダ)
字穴田
(アナダ)
字一の坪
(イチノツボ)
地籍図・字取調書では「一ノ坪」、登記情報では「一の坪」
字走り馬
(ハシリムマ)
地籍図では小字名欠落。地番をもとに登記情報から小字名を特定。字取調書には記載あり。
字五位田
(ゴイデン)
字筋ヶ井
(スジカイ)
地籍図・登記情報では「筋ヶ井」、字取調書では「筋カイ」に朱書きで「筋違(しんにょうに麦、違の異体字)ト改ム」
字五反田
(ゴタンダ)
字神楽田
(カグラデン)
字神子作
(ミコヅクリ)
字一丁田
(イチチヨダ)
地籍図・字取調書では「一町田」、登記情報では「一丁田」
字横田
(ヨコタ)
地籍図では横の由が田の異体字
字水木
(ミツキ)
字荒墓
(アラハカ)
字取調書では「荒ハカ」に朱書きで「荒墓ト改」
字渕ヶ上
(フチガウエ)
字渋川東
(シブカハヒガシ)
字四ツ池
(ヨツイケ)
字東北ノ端
(ヒガシキタノハタ)
地籍図では「北ノ端」、字取調書では「東北之端」、登記情報では「東北ノ端」
字笠ノ庄
(カサノシヨ)
地籍図・登記情報では「笠ノ庄」、字取調書では「笠之庄」
字河原
(カハラ)
字取調書では「何原」に朱書きで「河原ト改ム」
字西北ノ端
(ニシキタノハタ)
地籍図では「北ノ端」、字取調書では「西北之畑」、登記情報では「西北ノ端」
字西浦
(ニシウラ)
字宿屋
(ヤトヤ)
字取調書では「ヤトヤ」に朱書きで「宿屋ト改ム」
字藤ノ木
(フジノキ)
地籍図・登記情報では「藤ノ木」、字取調書では「藤之木」
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
大路1丁目字北西ノ端

草津市矢倉町の小字

字野池
字頓蓮池 地籍図では「頓池」、登記情報では「頓蓮池」、池名は「頓連池」(地理院地図・ため池マップ)、「頓蓮池」(明治6年矢倉村絵図:川通堤防用悪水路杁樋溜池道路橋梁之絵図)。ため池マップによると読みは「だんばすいけ」
字中池
字大池
字七反切
(ヒチタンキリ)
「七反切」「棟商」の合併字(字取調書)
字東室木
(ヒガシムロキ)
地籍図では「室ノ木」、字取調書では「元字 室木 改称字 東室木」、登記情報では「東室木」
字玄甫
(ゲンホ)
地籍図では「玄浦」、字取調書・登記情報では「玄甫」
字山田
(ヤマダ)
字稲干場
(イ子ホシバ)
登記情報には「稲干場」の他に「馬ノ池稲干場」も存在(合併字か?)
字堂ノ池
(ドヲノイケ)
字坊主東
(ボヲシユヒガシ)
字室ノ木
(ムロキ)
地籍図・字取調書では「室木」、登記情報では「室ノ木」
字三丁坊
(サンチヨボ)
地籍図では「三町坊」、字取調書・登記情報では「三丁坊」
字琵琶首
(ビハシユ)
字越の前
(コシノマヱ)
地籍図では「越ノ前」、字取調書では「越之前」、登記情報では「越の前」
字一仏
(イチブツ)
地籍図では「一仏」、字取調書では「一佛」、登記情報では「一仏」(草津市東矢倉1丁目)、「一佛」(草津市矢倉1丁目)
字南平
(ミナミヒラ)
南ヒラから改称(字取調書)
字金池
(カナイケ)
字石佛
(イシボトケ)
松原町
(マツワラチヨ)
地籍図では「松原町」、字取調書では「枩原町」
字南町
(ミナミチヨ)
字田町
(タマチ)
字新町
(シンマチ)
字北之町
(キタノチヨ)
地籍図・登記情報では「北ノ町」、字取調書では「北之町」
字中畠
(ナカハタ)
地籍図では「中畑」、字取調書では「中畑(朱消し)中畠ト改称」、登記情報では「中畠」
字池田
(イケタ)
字木ノ下
(キノシタ)
字茶屋浦
(チヤヤノウラ)
細田
(ホソダ)
字松原
(マツワラ)
字王子
(ヲ々シ)
字辻海道
(ツジカイド)
字射場後
(イバノシリ)
地籍図・登記情報では「射場後」、字取調書では「射場ノ後」
字古屋敷
(フルヤシキ)
字西浦
(ニシウラ)
字谷
(タニ)
字出屋敷
(デヤシキ)
字沢
(サハ)
地籍図・登記情報では「沢」、字取調書では「澤」
字佃
(ツクダ)
字轡
(クツハ)
字棟高
(ム子タカ)
地籍図・字取調書では「棟髙(はしご高)」、登記情報では「棟高」
字西沢
(ニシサハ)
地籍図では西が覀、字取調書では「覀澤」
字三ツ池
(ミツイケ)
字桧塚
(ヒノキツカ)
地籍図・登記情報では「桧塚」、字取調書では「檜塚」
字新池
(シンイケ)
字馬池
(ムマイケ)
登記情報には「馬ノ池稲干場」が存在(合併字か?)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
11 字大門, 13 字野々花
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
東矢倉1丁目字野々花, 東矢倉2丁目字馬ノ池稲干場, 東矢倉3丁目字野上

草津市小字一覧5(栗太郡常盤村)

草津市小字地図』から小字名・読み・備考を抽出しました。小字名の検索・分析にご活用ください。

fffw2.hateblo.jp

草津市芦浦町の小字

字馬場柿 地籍図にあるが字取調書にない
字大木 地籍図にあるが字取調書にない
字上猿田
(カミサルダ)
「糞田」からの改称字(字取調書)、字取調書#11は重複
字咎坪
(トガツボ)
「十六」からの改称字(字取調書)、地籍図では咎の上部が「外」、字取調書#19(咎ヶ坪:トガガツボ)はおそらく重複
字西
(ニシ)
「蛇薮」からの改称字(字取調書)、字取調書#22は重複
字下瀬
(シモセ)
「ジンクジ」からの改称字(字取調書)、字取調書#41は重複
字タコロ
(タコロ)
字ヲゴロス
(ヲゴロス)
地籍図・字取調書では「ヲゴロス」、登記情報では「ヲゴロス」「オコロス」の両方あり
字大スエ
(ヲゝスヱ)
地籍図・字取調書では「大末」、登記情報では「大スエ」
字柿
(カキ)
字廣
(ヒロ)
地籍図では「広」、字取調書・登記情報では「廣」
字猿田
(サルタ)
字東
(ヒガシ)
字長黒
(ナガクロ)
字登リ口
(ノボリクチ)
字林寺
(ハヤシデラ)
字與七
(ヨシチ)
地籍図では「与七」、字取調書・登記情報では「與七」
字大将軍
(ダイシヨグン)
字大尽
(ダイジン)
字尺ノ前
(セキノマヱ)
地籍図では「沢ノ前」、字取調書・登記情報では「尺ノ前」
字南
(ミナミ)
字小木
(ヲウギ)
字居手
(インデ)
字栗塚
(クリヅカ)
字宇田
(ウダ)
地籍図では「夘田」、字取調書では「夘田」に朱書きで「宇田」、登記情報では「宇田」「夘田」の両方あり
字烏田
(カラスダ)
地籍図では「鳥田」、字取調書では「烏田」
字久戸
(クド)
字泰賀町
(タイガマチ)
地籍図では「躰賀町」、字取調書・登記情報では「泰賀町」
字丸瓜
(マルウリ)
地籍図では「丸爪」、字取調書では「丸瓜」
字棟高
(ム子タカ)
地籍図・字取調書では髙(はしご高)
字馬場之木
(ババノキ)
地籍図では「馬場木」、字取調書では「馬場之木」
字夜農田
(ヨノダ)
字雨降
(アメフリ)
字粟生
(アハフ)
地籍図では「栗生」、字取調書では「栗生(クリリウ)」に朱書きで「粟生(アハフ)」、登記情報では「粟生」
字宮前
(ミヤマヱ)
字中島
(ナカシマ)
字門田
(カドダ)
字樋詰
(ヒヅメ)
地籍図では「樋」、字取調書では「樋誥(詰の異体字)」、登記情報では「樋詰」
字下柿
(シモカキ)
字播广
(ハリマ)
地籍図では「幡摩田」だが「播磨田」の誤記だろう、字取調書・登記情報では「播广」
字横折
(ヨコヲリ)
字西浦
(ニシウラ)
字教王寺
(キヨシヨジ)
地籍図・登記情報では「教王寺」、字取調書では「教正寺(キヨシヨジ)」、天正19年江州栗太郡之内蘆浦村御検地帳では「けうわう寺」
字石
(イシ)
字八田
(ハツタ)
字上東
(カミヒガシ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
9 字柿屋敷
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
芦浦町字柿屋敷, 芦浦町字大小

草津市下寺町の小字

字居村
(イムラ)
「内田」「戌亥出」「中南出」「屋敷」の合併字(字取調書)
字皆出
(カイデ)
「堂ノ内」「皆出」の合併字(字取調書)
字森本
(モリモト)
地籍図では「森平」、字取調書では「森本」(「東浦」「森本」の合併字)
字西居村
(ニシイムラ)
地籍図では道路に字界が引かれていて、南側の小字名が欠落。地番から登記情報を調べ、南側も西居村であると特定。「金田」「屋敷」の合併字(字取調書)
字五ノ坪
(ゴヲノツボ)
地籍図・登記情報では「五ノ坪」、字取調書では「五之坪」(「五ノ坪」「西浦」の合併字)
字平子
(ヒラコ)
地籍図では「ヒラコ」、字取調書では「平コ」(元字「平コ」→変更字「平コ」「平濵」)、登記情報では「平子」
字堤
()
字寺前
(テラマヱ)
字上戌
(カミイヌ)
地籍図では「上成田」、字取調書や登記情報では「上戌」
字夕暮
(イウクレ)
字上正出
(カミシヨデ)
字脇田
(ハキダ)
字下戌
(シモイヌ)
地籍図では「下成田」、字取調書や登記情報では「下戌」
字北川
(キタガハ)
字南出
(ミナミデ)
字江中
(エナカ)
字林
(ハヤシ)
字佐田
(サデン)
字下正出
(シモシヨデ)
地籍図では「正法出」、字取調書では「下正出」
字トノ上
(トノヱ)
地籍図では「トノ上」、字取調書では「トノヱ」
字足皆本
(アシカイモト)
地籍図では「皆本」、字取調書では「足皆本」
字モロセ
(モロセ)
地籍図では「諸瀬」、字取調書・登記情報では「モロセ」
字荒木
(アラキ)
字井ノ町
(イノマチ)
字井尻
(イシリ)
字東藤ノ本
(ヒガシフジノモト)
地籍図では「藤木」、字取調書では「東藤ノ本」
字タコ田
(タコダ)
地籍図では「蛸田」、字取調書・登記情報では「タコ田」
字束ノ町
(ツカノマチ)
字スノ又
(スノマタ)
字マテタ
(マテデン)
地籍図では「マテダ」、字取調書では「マテ田」、登記情報では「マテタ」
字上見田
(カミミタ)
字下見田
(シモミタ)
字クジラ
(クジラ)
字立万田
(タテマンタ)
地籍図では「立方田」、字取調書では「立万田」
字藤ノ木
(フジノキ)
字丸田
(マルタ)
字四ノ坪
(シノツボ)
字見々田
(ミミタ)
字米田
(ヨ子タ)
地籍図では「来田」、字取調書では「米田」
南浦
(ミナミウラ)
字北浦
(キタウラ)
字水浅場
(ミヅアサバ)
地籍図では「水浅湯」(おそらく誤記)、字取調書や登記情報では「水浅場」
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
7 字平濵(字平コの変更字の一つ)
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
下寺町字戌田, 下寺町字美田, 下寺町字平浜

草津市下物町の小字

字久保
(クボ)
「七ノ坪」「久保」「野田」の合併字(字取調書)
字源二郎
(ゲンジロ)
「大将軍」「源治郎」の合併字(字取調書)。地籍図では「源治郎」、字取調書では「源治郎」に朱書きで「二十六年七月四日訂正聞届 源二郎」
字浅付
(アサツキ)
「老枩」「浅付」の合併字(字取調書)
字上松風
(カミマツカゼ)
「枩風」の変更字(字取調書)
字下松風
(シモマツカゼ)
「枩風」の変更字(字取調書)
字上勝島
(カミカツシマ)
「勝島」の変更字(字取調書)。登記情報では「上勝島」「下勝島」の他に上下なしの「勝島」も存在。
字下勝島
(シモカツシマ)
「勝島」の変更字(字取調書)。登記情報では「上勝島」「下勝島」の他に上下なしの「勝島」も存在。
字檜皮堂
(ヒハダド)
地籍図では「桧皮堂」、字取調書・登記情報では「檜皮堂」
字上金田
(カミカナダ)
字下金田
(シモカナダ)
字堤
(ツゝミ)
字取調書では「ツゝミ」に朱書きで「堤」
字鳥井
(トリイ)
字池田
(イケタ)
字寺前
(テラマヱ)
字追垣
(ツイガキ)
地籍図では「追恒」、字取調書では「追垣(ヲイカキ)」に朱書きで「追垣(ツイガキ)」、登記情報では「追垣」
字庄谷
(シヨヤ)
字目戸田
(メトタ)
地籍図では「目麻田」、字取調書では「目戸田」(戸は广とテの中間の字体)、登記情報では「目戸田」「目广田」「目磨田」
字君ヶ門
(キミガカト)
地籍図では「下物」。字取調書では「君ヶ門」(ネット情報で306番地(下物児童遊園)・310番地(競売物件)が字君ヶ門であるとわかったので地番を元に同一小字であると判断した)。登記情報では「君ヶ門」の他に「君ヶ内」もあるが、おそらく「門」の略字を「内」に誤記したものだろう。
字名村田
(ナムラタ)
字森前
(モリマヱ)
字神子ノ小路
(ミコガコヲジ)
地籍図・登記情報では「神子ノ小路」、字取調書では「神子小路」
字釜蓋
(カマブタ)
地籍図では蓋の去が「亠+ム」
字綾田
(アヤタ)
字上野入
(カミノイリ)
字下野入
(シモノイリ)
字芦田
(アシタ)
字槌ノ子
(ツチノコ)
字太田
(ヲホタ)
字取調書では「大田(ヲゝタ)」に朱書きで「太田(ヲホタ)」
字南鎌田
(ミナミカマタ)
登記情報では「北鎌田」「南鎌田」の他に南北なしの「鎌田」も存在
字北鎌田
(キタカマタ)
登記情報では「北鎌田」「南鎌田」の他に南北なしの「鎌田」も存在
字城ノ口
(ジヨノクロ)
字竹田
(タケタ)
字志戸部
(シトベ)
字辻垣内
(ツジカキウチ)
字上高塚瀬
(カミカウツカセ)
地籍図・字取調書では髙(はしご高)。登記情報では上下なしの「高塚瀬」
字下高塚瀬
(シモカウツカセ)
地籍図・字取調書では髙(はしご高)。登記情報では上下なしの「高塚瀬」
字迫田
(ハザマタ)
地籍図では「追田」、字取調書・登記情報では「迫田」
字上八反田
(カミハチタンダ)
字下八反田
(シモハチタンタ)
字戸ノ江
(トノヱ)
字トモ
(トモ)
字水田
(スイタ)
字上長良
(カミヲサロ)
字下長良
(シモヲサロ)
字戸塚
(トヅカ)
字相タ
(アイシヤク)
字上榎木
(カミヨノキ)
地籍図では「上榎本」、字取調書では「上榎木」、登記情報では上下なしの「榎木」
字下榎木
(シモヨノギ)
地籍図では「下榎本」、字取調書では「下榎木」、登記情報では上下なしの「榎木」
字下津古瀬
(シモツコセ)
字於ドロ
(ヲドロ)
地籍図では「ヲトロ」、字取調書では「於ドロ」
字佐田
(サダ)
字南町野
(ミナミチヨノ)
字北町野
(キタマチノ)
高砂
(タカサゴ)
地籍図では髙(はしご高)
字烏丸
(カラスマル)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
なし

草津市穴村町の小字

字辻門
(ツジカド)
「辻カト」「嘉兵衞トノ」「藤兵衞畑」の合併字(字取調書)
字北野
(キタノ)
「キトロノ内」「溥治郎畑」「猪右エ門畑」「善助畑」「北野」の合併字(字取調書)
字デガイ
(デガイ)
「デガイ」「柳ギ」の合併字
字東門
(ヒガシカド)
「東畑」「東カド」の合併字(字取調書)
字南野
(ミナミノ)
「南屋敷」「南平」「南畑」「重右エ門畑」「東門ノ内」の合併字(字取調書)
字金村
(カナムラ)
字京佐
(キヤウサ)
字茂タレ
(モタレ)
地籍図では茂の下が戌
字ゴドノ
(コドノ)
地籍図・字取調書では「コドノ」、登記情報では「ゴドノ」
字中村田
(ナカムラデン)
字井ノ上
(イノウエ)
字浅殿
(アサドノ)
地籍図では殿の右上がソの略字、字取調書では「浅殿」、登記情報では「浅殿」「浅ドノ」
字於奈田
(ヲナダ)
地籍図では「オナダ」、字取調書では「ヲナダ」、登記情報では「オナダ」「於奈田」
字上石田
(カミイシダ)
字溝又ケ南
(ミドマタゲミナミ)
地籍図・登記情報では「溝又ケ南」、字取調書では「溝マタゲ南」(登記情報には南北なしの「溝又ケ」も存在)
字馬原
(ウマハラ)
字下石田
(シモイシダ)
字門屋
(カドヤ)
字南平
(ミナミヒラ)
字土浮気
(ドブケ)
地籍図・字取調書では「ドブケ」、字取調書では「土浮気」
字六デン
(ロクデン)
地籍図では「大デン」、字取調書では「六デン」、登記情報では「六田」「六デン」
字大洲
(ヲゝフチ)
地籍図では「大洌」、字取調書では「大渕(中央はメが縦に2つ)」、登記情報では「大洲」
字小野
(ヲノ)
字七反田
(シチタンダ)
字片ブケ
(カタブケ)
地籍図では「片づみ」、字取調書・登記情報では「片ブケ」。隣接小字が片岡町の「浮気」なので「片ブケ」が正しいと思われる。「づみ」は「ブケ」と形が似ているので誤記だろう。
字下桜
(シモザクラ)
地籍図・登記情報では「下桜」、字取調書では「下櫻」
字上桜
(カミナクラ)
地籍図では「上桜」、字取調書では「上櫻」、登記情報では「上桜」「上櫻」
字起登呂
(キトロ)
地籍図では「起とう」、字取調書では「キトロ」、登記情報では「きとろ」「起登呂」
字溝又ケ北
(ミドマタゲキタ)
地籍図・登記情報では「溝又ケ北」、字取調書では「溝マタゲ北」(登記情報には南北なしの「溝又ケ」も存在)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
穴村町字後殿

草津市志那中町の小字

字中浮舟
字壱ノ町
(イチノマチ)
地籍図・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「一ノ町」、字取調書では「壱ノ町」
字上梶
(カミカジ)
字二ノ町
(ニノマチ)
字下梶
(シモカジ)
字立花田
(タチバナダ)
字角田
(カドタ)
字喰田
(ジキタ)
地籍図では「食田」、字取調書・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「喰田」
字阿甲田
(アコタ)
地籍図では「河甲田」、字取調書と登記情報では「阿甲田」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「アコ田」
字吹気
(フキ)
字青リヤ
(アヲリヤ)
地籍図では「青尾」、字取調書・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「青リヤ」
字八ノ町
(ハチノマチ)
字七ノ町
(シチノマチ)
字上総田
(カミヲサダ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「上惣田」
字下総田
(シモヲサダ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「下惣田」
字甲田
(コヲデン)
字東大町
(ヒガシヲゝブカ)
登記情報では東西なしの「大町」
字幾タシ
(イクタシ)
地籍図では「幾たし」、字取調書では「幾タシ」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「イクダシ」
字南生田
(ミナミシヨデ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「南正法」
字三条於深
(サンジヨヲブカ)
地籍図では「三条な深」、字取調書では「三條於深」、登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「三条於深」
字於深
(ヒガシヲフカ)
地籍図・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「於深」(地籍図では於が木偏だが誤記と思われる)、字取調書では「東於深」
字西大町
(ニシヲゝブカ)
登記情報では東西なしの「大町」
字里ノ内
(サトノウチ)
字東出
(ヒガシデ)
字奥出
(ヲクデ)
字木ノ下
(キノシタ)
字昆布柿
(コブカキ)
舟入
(フナイリ)
字操貫
(クリヌキ)
地籍図では「繰貫」、字取調書・登記情報では「操貫」
字的場
(マトバ)
字鍵田
(カギダ)
地籍図では鍵がぎょうにんべん、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「カギ田」
字西於深
(ニシヲブカ)
地籍図では「西大深」、字取調書・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「西於深」
東五反田
(ヒガシゴタンダ)
字牛田
(ウシダ)
字正法
(シヨホ)
字両社
(リヨウシヤ)
地籍図では「西社」、字取調書と登記情報では「両社」
字中出
(ナカデ)
字柿内
(カキウチ)
地籍図では「柿之内」、字取調書・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「柿内」
字宇如田
(ウニヨダ)
地籍図では「仁ヨ田」、字取調書では「宇ニヨ田」、登記情報では「宇如田」「仁ヨ田」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「宇経田」
字足高
(アシタカ)
地籍図では髙(はしご高)
字平田
(ヒラタ)
字西出
(ニシデ)
西五反田
(ニシゴタンダ)
地籍図では「五反田」、字取調書・登記情報では「西五反田
字棚代
(タナシロ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「栅代」
字東寺門
(ヒガシテラカド)
登記情報では東西なしの「寺門」
字馬場先
(ババサキ)
地籍図では「馬場洗」、字取調書・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「馬場先」
字南ニカ干
(ミナミニカホシ)
地籍図では「南ニカチ」、字取調書・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「南ニカ干」、登記情報では南北なしの「仁カ干」
字北ニカ干
(キタニカボシ)
地籍図では「北ニカチ」、字取調書・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「北ニカ干」、登記情報では南北なしの「仁カ干」
字生出
(セデ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「正出」
字上横田
(カミヨコタ)
登記情報では上下なしの「横田」
字下横田
(シモヨコタ)
字川鍋
(カハナベ)
字山水
(ヤマミヅ)
字小太郎
(コタロ)
字大畑二ツ堂
(ヲホハタケ・フタツノ)
地籍図では「大畑」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「大畑二ツ堂」、登記情報では「二ツ堂」「二ツ野」「大畑」、字取調書では#46「二ツ野」#55「大畑」
字西寺門
(ニシテラカド)
登記情報では東西なしの「寺門」
ムクロジ
(ムクロジ)
字将又
(ハタマタ)
地籍図では將又
氏神
(ウジガミ)
字石代
(イシダイ)
字石子
(イシコ)
字七栗
(シチクリ)
字畑子
(ハタコ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「細子」
字堂ノ西
(ドヲノニシ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「堂西」
字寺所
(テラドコロ)
字目先
(メサキ)
地籍図・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「目先」、字取調書では「見先」(読みがメサキなので恐らく誤記)
字四反田
(シタンダ)
字若林
(ハカバヤシ)
字柿木
(カキノキ)
地籍図では「柿ノ木」、字取調書・登記情報では「柿木」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「東柿木」
字下角田
(シモカドタ)
字松田
(マツタ)
字京勢
(キヨセイ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「京セ」
字橋本
(ハシモト)
字西畑子
(ニシハタコ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「西細子」
字津田
(ツダ)
字洪水
(コヲズイ)
地籍図では「供水」、字取調書・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「洪水」
字洪代
(コヲダイ)
地籍図では「供代」、字取調書・登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「洪代」
字石田
(イシダ)
字後円平田
(ゴヱンヒラダ)
『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「平田」
字西柿木
(ニシカキノキ)
地籍図では「西柿ノ木」、字取調書・登記情報では「西柿木」
字南浮舟
(ミナミウキフ子)
登記情報では「南浮舟」の他に「南浮船」も存在
字南中浮舟
(ミナミナカウキフ子)
字北浮舟
(ウキフ子)
地籍図では「浮舟」、字取調書では「浮舟(削除)」、登記情報・『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「北浮舟」
字北芦苅
(キタアシカサ)
地籍図では「芦川」、字取調書・登記情報では「北芦苅」、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「北芦刈」
字南芦苅
(ミナミアシカリ)
地籍図では「芦川」、登記情報では「南芦苅」、字取調書では「芦苅」に朱取消線で「南芦苅」に修正、『科戸之風』付図の常盤学区小字地図では「南芦刈」
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
46 字二ツ野, 84 字北芦苅, 85 字南芦苅, 86 字南舟, 87 字北浮舟
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
なし

草津市志那町の小字

字三ノ坪 何故か字取調書には「三ノ坪」がない
字野々志
(ノゝセ)
地籍図・登記情報では「野々志」、字取調書では「ノゝシ」に朱取消線で「野々瀨」(「ノゝシ」「シモツブシ」の合併字)
字手張
(テバリ)
「テバリ」「カミテバリ」の合併字(字取調書)
字クロト
(クロト)
「南クロト」「下デバリ」の合併字、「98 クロト」と重複(字取調書)
字浜
(ハマ)
「十九」「コキ子」「ワケ」「ウチタ」の合併字(字取調書)
字横枕
(ヨコマクラ)
「ヨコマクラ」「フコウ」の合併字(字取調書)
字ヨシ
(ヨシ)
「クチガ子」「ヨシ」の合併字(字取調書)
字里
(サト)
「フルヤシキ」「ハシヅメ」「カドヤ」「ボウヤシキ」の合併字(字取調書)
字安畑
(ヤスバタケ)
「ヤスバタケ」「ダイブツコ」の合併字(字取調書)
字今井口
(イマイクチ)
「今井口」「ヒチダンバス」の合併字(字取調書)
字浮之瀬
(フノセ)
地籍図・登記情報では「浮之瀬」、字取調書では「浮ノ瀬」(「フノセ」「シタンバス」「ヱクチ」の合併字)
字江端
(エバタ)
「ノ々アジ」「ヱバタ」の合併字(字取調書)
字下十二ノ坪
(シモジユニツボ)
地籍図・登記情報では「下十二ノ坪」、字取調書では「下十二坪」(「ヨシチ」からの改称字)
字宮ノ前
(ミヤノマヱ)
「クロト」からの改称字(字取調書)
字浄幸
(ジヨコ)
「内八反」からの改称字。字取調書には「浄幸(削除)」と朱書きされているが、地籍図・登記情報にはある。
字竹一
(タケイチ)
「北クロト」からの改称字(字取調書)
字ミソギ崎
(ミソギザキ)
地籍図・登記情報では「ミソギ崎」、字取調書では「元字 ミノザサキ → 改称字 身曽ギザキ(朱取消線)身曽岐﨑」
字一ノ坪
(イチノツボ)
字三ノ坪
(サンノツボ)
字二ノ坪
(ニノツボ)
字五ノ坪
(ゴヲノツボ)
字四ノ坪
(シノツボ)
字六ノ坪
(ロクノツボ)
字七ノ坪
(ジチノツボ)
字八ノ坪
(ハチノツボ)
字九ノ坪
(クノツボ)
字十ノ坪
(ジユカツボ)
地籍図・登記情報では「十ノ坪」、字取調書では「十ヶ坪」
字十一ノ坪
(ジユイチノツボ)
字十二ノ坪
(シユニノツボ)
字十三ノ坪
(ジユサンノツボ)
字十四ノ坪
(ジユシノツボ)
字十五ノ坪
(ジユゴノツボ)
字十六ノ坪
(ジユロクノツボ)
字取調書では「十六ノ坪」が「十五ノ坪」になっている(おそらく誤記)。誤記により読みも「ジユゴノツボ」になっているが、近隣の数字小字より「ジユロクノツボ」と推測した。
字十七ノ坪
(ジユシチノツボ)
字十八ノ坪
(ジユハチノツボ)
字十九ノ坪
(ジユクノツボ)
字二十ノ坪
(ニジユノツボ)
地籍図・字取調書では「二十ノ坪」、登記情報では「廿ノ坪」
字二十一ノ坪
(ニジユイチノツボ)
登記情報では「二十一ノ坪」の他に「廿一ノ坪」も存在
字二十二ノ坪
(ニジユニノツボ)
字二十三ノ坪
(ニジユサンノツボ)
字二十四ノ坪
(ニジユシノツボ)
登記情報では「二十四ノ坪」の他に「廿四ノ坪」も存在
字二十五ノ坪
(ニジユゴノツボ)
登記情報では「二十五ノ坪」の他に「廿五ノ坪」も存在
字伊吹里
(イブキサト)
志那町には伊吹里が2つある。こちらは三大神社の伊吹里。字取調書には1つだけ記載されており、掲載順から三大神社の伊吹里と考えられるが、判然としない。登記情報でも1つだけ存在(同名小字が集約されているだけかもしれない)
字伊吹里
(イブキサト)
志那町には伊吹里が2つある。こちらは志那神社の伊吹里。字取調書には1つだけ記載されており、掲載順から三大神社の伊吹里と考えられるが、判然としない。登記情報でも1つだけ存在(同名小字が集約されているだけかもしれない)
字二十七ノ坪
(ニジユシチノツボ)
登記情報では「二十七ノ坪」の他に「廿七ノ坪」も存在
字二十八ノ坪
(ニジユハチノツボ)
字二十九ノ坪
(ニジユクノツボ)
字三十ノ坪
(サンジユノツボ)
字三十一ノ坪
(サンジユイチノツボ)
字三十二ノ坪
(サンジユニノツボ)
字三十三ノ坪
(サンジユサンノツボ)
字三十四ノ坪
(サンジユシノツボ)
字三十五ノ坪
(サンジユゴノツボ)
字三十六ノ坪
(サンジユロクノツボ)
字下一ノ坪
(シモイチノツボ)
字下二ノ坪
(シモニノツボ)
字下三ノ坪
(シモサンノツボ)
字下四ノ坪
(シモシノツボ)
字下五ノ坪
(シモゴノツボ)
字下六ノ坪
(シモロクノツボ)
字下七ノ坪
(シモシチノツボ)
字下八ノ坪
(シモハチノツボ)
字下九ノ坪
(シモクノツボ)
字下十ノ坪
(シモジユノツボ)
字下十一ノ坪
(シモジユイチノツボ)
字唐木
(カラキ)
字下十三ノ坪
(シモジユサンノツボ)
字下十四ノ坪
(シモジユシノツボ)
字下十五ノ坪
(シモシユゴノツボ)
字下十六ノ坪
(シモジユロクノツボ)
字下十七ノ坪
(シモジユシチノツボ)
字下十八ノ坪
(シモジユハチノツボ)
字ムロ
(ムロ)
字小屋場
(コヤバ)
字外八反
(ホカハチタン)
字北
(キタ)
字丁子
(チヨジ)
字柳平
(ヤナギヒラ)
字北二町蓮
(キタニチヨバス)
地籍図・登記情報では「北二町蓮」、字取調書では「北二丁蓮」(登記情報では南北なしの「二町蓮」も存在)
字乙井
(ヲトイ)
字コドロ
(コドロ)
字シバ
(シバ)
字野々神
(ノゝカミ)
地籍図・登記情報では「野々神」、字取調書では「ノゝカミ」
字田中
(タナカ)
字内八反
(ウチハチタン)
字クサリ田
(クサリダ)
字三反長
(サンダンヲサ)
字南二町蓮
(ミナミニチヨバス)
地籍図・登記情報では「南二町蓮」、字取調書では「南二丁蓮」(登記情報では南北なしの「二町蓮」も存在)
字野守
(ノモリ)
字老松
(ヲイマツ)
地籍図・登記情報では「老松」、字取調書では「追待」
字柿根
(カキ子)
地籍図では「柳根」、字取調書では「カキ子」、登記情報では「柿根」
字祠
(ホコラ)
地籍図では「ホコラ」、字取調書では「祠」
字内畑
(ウチバタ)
字上幸
(カミコ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
85 字五社, 93 字御園, 105 字平湖
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
志那町字後円, 志那町字五社, 志那町字野間

草津市上寺町の小字

字北太田
(キタヲゝタ)
地籍図・字取調書では「北太田」、登記情報では「太田」
字南太田
(ミナミヲゝタ)
字上領
(カミリヨ)
字北井ノ尻
(キタイノシリ)
字南井ノ尻
(ミナミイノシリ)
字上樋ノ口
(カミヒノクチ)
字中樋ノ口
(ナカヒノクチ)
地籍図・字取調書では「中樋ノ口」、登記情報では「樋ノ口」
字下金剛
(シモコンゴ)
地籍図では「下金剛」、字取調書では「下コンゴ」、登記情報では上下なしの「金剛」
字上金剛
(カミコンゴ)
地籍図では「上金剛」、字取調書では「上コンゴ」、登記情報では上下なしの「金剛」
字下領
(シモリヨ)
地籍図・字取調書では「下領」、登記情報では「領」
字上荒木
(カミアラキ)
字奈良
(ナラ)
字門ヶ町
(カザカマチ)
字香ヶ町
(コヲガマチ)
字東黒堂
(ヒガシクロド)
字ツハ板
(ツバタタ)
地籍図では「鍔板」、字取調書では「ツバ板」、登記情報では「ツハ板」
字永田
(ナガタ)
字下樋ノ口
(シモヒノクチ)
地籍図・字取調書では「下樋ノ口」、登記情報では「下ヒノ口」
字兵田
(ヒヨヲタ)
字上柳
(カミヤナギ)
字下柳
(シモヤナキ)
地籍図・字取調書では「下柳」、登記情報では「柳」
字馬原
(ムマハラ)
字石田
(イシダ)
字下猪ノ子
(シモイノコ)
登記情報では上下なしの「猪ノ子」
字上猪ノ子
(カミイノコ)
登記情報では上下なしの「猪ノ子」
字下ホタ杭
(シモホタクイ)
地籍図・登記情報では「下ホタ杭」、字取調書では「下ホタクイ」(登記情報では上下北なしの「ホタ杭」もある)
字上ホタ杭
(カミホタクイ)
地籍図・登記情報では「上ホタ杭」、字取調書では「上ホタクイ」(登記情報では上下北なしの「ホタ杭」もある)
字カスリ
(カスリ)
字蛸田
(タコダ)
字北ホタ杭
(キタホタグイ)
地籍図では「北ホタ杭」、字取調書では「北ホタグイ」、登記情報では「北ホタクイ」「北ホタ杭」(登記情報では上下北なしの「ホタ杭」もある)
字西黒堂
(ニシクロド)
字中荒木
(ナカアラキ)
字一村
(ヒトムラ)
地籍図では「下村」、字取調書・登記情報では「一村」
字川原
(カハハラ)
字下荒木
(シモアラキ)
字三田
(ミダ)
字無名高
(ムナダカ)
地籍図では「棟髙」、字取調書・登記情報では「無名髙」
字貝藤
(カイフジ)
字貝出
(カイデ)
地籍図では「見出」、字取調書では「貝出」
字平田
(ヒラダ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
なし

草津市長束町の小字

字安見
(ヤスミ)
字東口
(ヒガシクチ)
字登口
(ノボリクチ)
地籍図・登記情報では「登口」、字取調書では「登リ口」
字戸平
(トヒラ)
字菅生
(スガウ)
地籍図では「菅生」、字取調書・登記情報では「管生」(読みがスガウなので恐らく誤記)
字北溝畑
(キタミドバタ)
登記情報では分割せず「溝畑」のみ存在
字上溝畑
(カミミドバタ)
登記情報では分割せず「溝畑」のみ存在
字下溝畑
(シモミドハタ)
登記情報では分割せず「溝畑」のみ存在
字南溝畑
(ミナミミドバタ)
登記情報では分割せず「溝畑」のみ存在
字畑ケ田
(ハタケダ)
地籍図では「畑田」、字取調書では「畑ケ田」
字淵開
(フチヒラキ)
地籍図では「渕瀬」、字取調書では「淵開」
字鯛之町
(タイノマチ)
地籍図では「鯛町」(鯛の左下は大)、字取調書・登記情報では「鯛之町」
字東屋敷
(ヒガシヤシキ)
字中堂
(ナカド)
字大蔵
(ヲゝクラ)
字墓之町
(ハカノチヨ)
地籍図では「墓ノ町」、字取調書・登記情報では「墓之町」
字寺前
(テラマイ)
西屋敷
(ニシヤシキ)
字諸瀬
(モロノセ)
字西之口
(ニシノクチ)
地籍図では「西ノ口」、字取調書・登記情報では「西之口」
字三反長
(サンダンヲサ)
字西浦
(ニシノウラ)
字林寺
(ハヤシデラ)
字中小路口
(ナカコヲジクチ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
長束町字溝畑

草津市片岡町の小字

字聖り前
(ヒジリマヱ)
「伊岐渕」「聖前」の合併字(字取調書)。地籍図・字取調書では「聖前」、登記情報では「聖り前」
字下ミノ田
(シモミノダ)
地籍図では「下三ノ田」、字取調書・登記情報では「下ミノ田」(「分木」からの改称字)
字前田
(マヱダ)
字東金村
(ヒカシカナムラ)
登記情報では東西なしの「金村」
字西金村
(ニシカチムラ)
登記情報では東西なしの「金村」
字志野
(シノ)
字浮気
(フケ)
地籍図では「東浮気」、字取調書では「浮氣」
字西浮気
(ニシフケ)
字堤
(ツゝミ)
字才田
(サイタ)
地籍図では「細田」、字取調書・登記情報では「才田」
字八反田
(ハチタンダ)
字横山
(ヨコヤマ)
字奈良
(ナラ)
字惣伯
(ソヲバク)
字一夜伏
(ヒトヨフス)
字宮前
(ミヤマヱ)
字佃
(ツクダ)
字取調書では「津苦田」に朱取消線で「佃」
字野村
(ノムラ)
字茨田
(イバラダ)
字上ツブ田
(カミツブダ)
字下ツブ田
(シモツブタ)
地籍図では「ツブ田」、字取調書では「ツブ田 削除」となっていて「21 下ツブ田」が該当すると思われる(ツブ田が上下に分割されたのだろう)、登記情報では「下ツブ田」
字南東木
(ミナミヒガシギ)
字穴口
(アナグチ)
地籍図では穴の終筆が上にはねる
字上ミノ田
(カミミノダ)
地籍図では「上三ノ田」、字取調書・登記情報では「上ミノ田」
字田村
(タムラ)
字案ノ内
(アンノウチ)
字中ノ柿内
(ナカノカキウチ)
地籍図では「中柿内」、字取調書・登記情報では「中ノ柿内」
字西連寺
(サイレンジ)
地籍図では「西蓮寺」、字取調書では「西蓮寺」に朱取消線で「西連寺」
字十堂
(ジユドヲ)
字ヲナヘ
(ヲホナヘ)
地籍図・登記情報では「ヲナヘ」、字取調書では「ヲナエ」に朱取消線で「大苗」
字奈野
(ナノ)
字竹田
(タケダ)
字大片
(ヲゝカタ)
字北嶋田
(キタシマダ)
地籍図では「北島田」、字取調書では「北嶋田」(嶋の右は島)、登記情報では「北嶋田」
字上嶋田
(カミシマタ)
地籍図では「上島田」、字取調書では「上嶋田」(嶋の右は島)、登記情報では上下なしの「嶋田」
字橋本骨田
(ハシモトホ子ダ)
字朝殿
(アサドノ)
地籍図では殿の几がソ
字ハサマ田
(ハサマダ)
地籍図・登記情報では「ハサマ田」、字取調書では「挾間田」
字澤前
(サハマヱ)
地籍図では「沢前」、字取調書・登記情報では「澤前」
字南骨田
(ミナミホ子ダ)
字下嶋田
(シモシマタ)
登記情報では上下なしの「嶋田」
字邊田
(ヘタ)
地籍図では「辺田」、字取調書では「ヘタ」に朱取消線で「邉田」、登記情報では「邊田」
字大切
(ヲゝキリ)
字下貝田
(シモカイタ)
登記情報では上下なしの「貝田」
字上貝田
(カミカエタ)
登記情報では上下なしの「貝田」
字鎌倉
(カマクラ)
字下柿内
(シモカキウチ)
字藤ノ木
(フジノキ)
字三反田
(サンダンダ)
字杭野
(クイノ)
字雨降
(アメフリ)
字骨田
(ホ子ダ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
なし
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
片岡町字伊岐洲, 片岡町字東木

草津市北大萱町の小字

字松田之町
字(不明) 地籍図で小字名欠落
字高谷
(タカタニ)
地籍図・字取調書では「高」が「髙」(はしご高)
字墓之町
(ハカノマチ)
地籍図・字取調書では「墓ノ町」、登記情報では「墓之町」
字浮気
(フゲ)
字北市ノ町
(キタイチノマチ)
地籍図では「北市之町」、字取調書では「北市ノ町」、登記情報では「市ノ町」
字南市ノ町
(ミナミイチノチヨ)
地籍図では「南市之町」、字取調書・登記情報では「南市ノ町」
字宝瀬
(ムロセ)
地籍図・登記情報では「宝瀬」、字取調書では「室瀬」
字夏野
(ナツノ)
字古河
(フルカハ)
地籍図・登記情報では「古河」、字取調書では「古川」
字東四反田
(ヒガシシタンタ)
字西四反田
(ニシシタンタ)
字辻道
(ツジミチ)
字中島
(ナカシマ)
地籍図では「中島」、字取調書では「中嶋」
字上登
(カミノボリ)
地籍図・登記情報では「上登」、字取調書では「上登リ」
字下登
(シモノボリ)
地籍図・登記情報では「下登」、字取調書では「下登リ」
字六反田
(ロクタンタ)
細田
(ホソタ)
字佃
(ツクタ)
下呂山田
(シモロサンタ)
字南呂山田
(ミナミロサンダ)
字十ヶ坪
(ジユガツボ)
字九ノ坪
(クノツボ)
山田五郎
(ヤマダゴロ)
地籍図では「山田五郎」、字取調書では「山田五良」
字七ノ坪
(シチノツボ)
字海道浦
(カイドウラ)
字南浮気
(ミナミフケ)
字綾堂
(アヤド)
字保天
(ホヲテン)
字掛貫
(カケヌキ)
字南小溝
(ミナミコミゾ)
地籍図・字取調書では「南小溝」、登記情報では「小溝」
字上掛貫
(カミカケヌキ)
登記情報では上下なしの「掛貫」
字池田
(イケタ)
字浦田
(ウラタ)
字柳ヶ町
(ヤナキガマチ)
字無津起
(ナシヅキ)
字紅竹
(コヲタケ)
字於土路
(ヲドロ)
地籍図では「旅土路」(おそらく誤記だろう)、字取調書・登記情報では「於土路」
字盲塚
(メクラヅカ)
地籍図では「肓塚」(おそらく誤記だろう)、字取調書では「盲塚」
字金田
(カナヤ)
字弓田
(ユミタ)
字東出
(ヒガシデ)
字北出
(キタデ)
字金谷
(カナタニ)
地籍図では「金田」、字取調書・登記情報では「金谷」(字名の類似と字取調書の掲載順から同一小字と判断)
字雨降
(アメフリ)
字上北口
(カミキタグチ)
(登記情報では上下なしの「北口」も存在)
字中出
(ナカデ)
字西出
(ニシデ)
字南出
(ミナミデ)
字北小溝
(キタコミゾ)
字北呂山田
(キタロサンタ)
字太田
(ヲゝタ)
字西ノ川
(ニシノカハ)
字下北口
(シモキタクチ)
(登記情報では上下なしの「北口」も存在)
字永田
(ナガタ)
補遺 [字取調書にあるが地籍図にない小字]
13 字卯柳, 17 字和田町, 33 字鳥形, 36 字北保天
[登記情報にあるが地籍図にない小字]
北大萱町字鳥形, 北大萱町字馬場