めざせ漢字王!はじめての漢検一級受検<前編>

「いつかは漢検一級に合格したい」

それが私の幼い頃からの夢でした ──

大学1回生の夏、漢検準一級に合格し、次はいよいよ念願の漢検一級となりました。しかし漢検一級の勉強は準一級までとは違い一筋縄ではいきません。問題集をむやみに解いても成績が伸びず、飽きてブランクを空けたら折角覚えた漢字が抜けてしまい、何度もくじけそうになりました。受検記の<前編>では、そんな漢検一級初受検に至るまでの紆余曲折の道のりを書いていきます。

 

征服できない完全征服(2012.07.09 - 2015.09.20)

本腰を入れて漢検一級の勉強を始めたのは大学院に入ってからでした。サークルの後輩らが漢検一級の勉強を始めだしたというのもモチベーションにつながったと思います。

最初に購入した問題集は『完全征服』です。このときはまだ知る由もなかったのですが、この一冊を解いただけで “完全征服” できるほど漢検一級は甘い世界ではありませんでした。

続きを読む

ようこそ!地図に載らない小字地名の世界へ

地名が好きです。

日本全国に多種多様な地名がありますが、その中でも私を魅了してやまないのが「小字」と呼ばれる小地名です。全国に数百万は存在しているというローカルな地名で、かの柳田國男も愛していました。ちなみに読み方は「しょうじ」ではなく「こあざ」です。これだけでも覚えて帰ってください。

高校生の頃にはじめて小字ワールドに足を踏み入れて以来、本業の傍ら、かれこれ十年以上小字を研究してきました。もはや小字と共に平成を歩んできたと言っても過言ではありません(過言です)

 

地図に載らない地名との出会い

高校最後の春休み。ふらふらと街を歩きながら宅地開発工事を眺めていたら、看板に見慣れぬ地名を見つけて全身に衝撃が走りました。

f:id:fffw2:20190430005946p:plain

草津市上笠一丁目字骨コボス

 

字骨コボス

 

骨、こぼす…!? 何なんだこの物騒な地名は。

続きを読む

実録!結婚式のマネー事情:僕と新婦と福澤諭吉

結婚しました!!!!

人生最大のイベントである結婚式を終え、やっと一安心。準備やら何やら非常に大変でしたが、ゲストの方々に楽しいひとときを過ごしていただき、頑張って盛大な式を挙げて良かったと心から思います。会場のプランナーさんにも大変お世話になりました。

しかし、ブライダル業界もビジネス。もちろんお安くありません。

ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」によると、挙式・披露宴に掛かった金額の全国平均は 357.5万円 。わずか半日の祝宴でいかに莫大なお金が動いているかわかります。
f:id:fffw2:20181211230552p:plain

私もご多分にもれず、出費がかさみ、クレジットカードを限度額まで使い切ってしまいました。

 

https://twitter.com/fffw2/status/1073805233480855554

https://twitter.com/fffw2/status/10738052334

80855554

今回は、純白のベールに包み隠されている「結婚式のマネー事情」について、家計簿がてらブログに記録しておこうと思います。

f:id:fffw2:20181208162358p:plain

これから結婚式を挙げようと思っている方々の参考になれば幸いです。

続きを読む

中学時代のひどい自由研究を大人になった私がぶった切る

お盆に実家に帰ったときに中学時代の自由研究を見つけました!

夏休みの自由研究、懐かしいなあ。大人になった今なら自由研究のテーマになりそうなネタがぽんぽんと浮かびますが、小学校を卒業して間もない15年前の私はさぞかしテーマ決めに頭を悩ませたことでしょう。

f:id:fffw2:20180821195300p:plain

錆の研究

中1の私の研究テーマは(さび)です。チョイスが渋い…

錆の何を調べたのかまるでわからない「錆の研究」という雑なタイトルですが、はたしてイオンも知らない中学生の私はちゃんと錆を研究できたのでしょうか。

続きを読む

NTTのロゴマークで角の三等分問題を解いてみた

古代ギリシャの三大作図問題の一つに「角の三等分問題」があります。与えられた任意の角をコンパスと定規のみを用いて三等分するという、解けそうで解けない難問です。長き年月にわたり数学者を悩ませたこの問題は、1837年に数学者ピエール・ヴァンツェルによって作図不可能であることが証明されて、終止符を打ちました。

しかし、コンパスと定規だけでは解けなくても、もう一つ身近な「ある図形」を使えば… 角の三等分問題はいとも簡単に解くことができるのです!!

 

その図形とは…

 

NTTのロゴマーク です!!

f:id:fffw2:20180802231054p:plain

 

ちょっとこのままでは太すぎるので線を細くして使いましょう。
(…実はここでちょっと細工を加えてるのですが、ネタバレは後半で…)

まずはNTTを横向きにして、ループの先端に三等分したい角( 3\theta)をそっとあてがいます。
f:id:fffw2:20180802231504p:plain

続いて、下図のように左端のおへそからぐいっと斜め上の交点に線分を引きます。このとき作られる角が、最初の角の 1/3 の大きさ( \thetaになってます。はい、三等分おわり!
f:id:fffw2:20180802232258p:plain

三等分したい角にNTTのロゴマークを重ねて一本だけ線を引けば、あっという間に角の三等分ができてしまうのです! ここまでわずか数秒。

あとは余裕があれば、コンパスと定規をうまいこと使って、角  \theta をコピペしてあげてください。角の三等分線を引くことができます。

f:id:fffw2:20180802232925p:plain

一体、なぜこんなことができるのか。すべてはNTTの計画通りなのか。

 

続きを読む

湖岸埋立マップでたどる大津の都市開発史

琵琶湖の埋立地の変遷がわかる地図「大津湖岸埋立マップ」を作りました!

調査エリアは近代に大規模な埋め立てが行われた浜大津から膳所です。あと石山と瀬田もちょっとだけ。地形図や航空写真や都市計画資料を元に、大正時代から現代までの埋立地の拡大をマッピングしました。

せっかくなので湖岸埋立マップを片手に実際に大津の街を歩いてみました!

埋立地の"へり"に立って、ありし日のさざなみの音に耳を傾けたら、大津の都市開発の歴史が見えてきました。

続きを読む

京都駅ビル石材探し 〜73種類の石材を求めて〜

京都駅ビルはただの駅ではありません。建物全体が巨大な 石の博物館 なのです。

f:id:fffw2:20180525211419p:plain 

駅ビル正面の柱には288種類の石材標本が展示されています。説明書きによると、ここに展示されている288種類のうち、京都駅ビルには73種類の石材が使われているとのこと。一体どこにどんな石材が使われているのでしょう。その謎を解き明かすため、京都駅を愛する後輩らと一緒に、丸一日掛けて京都駅ビルを歩き回り、石材探しをしてきました!!

続きを読む