石の博物館めぐり【B】:南アジア〜北欧の石材

京都駅ビル・石の博物館の石材紹介2ページ目です。まだの方は先に以下の概要説明をお読みください。

現在見ている柱は「B」です。
 
A B C D E F 

 

インド🇮🇳

柱Bはインドの石材の続きから。赤い花崗岩がまだまだ出てきます。特に一番目に展示されているニューインペリアルレッドは赤色花崗岩の王様として有名。赤色花崗岩の中で最も色が濃く、生産量も最多です。

B1-1 ニューインペリアルレッド(インド)
NEW IMPERIAL RED
f:id:fffw2:20180512223114p:plain

B1-2 サファイアブルー(インド)
SAPPHIRE BLUE
f:id:fffw2:20180512223129p:plain

B1-3 アドニブラウン(インド)
ADONE CHOCOLATE BROWN
f:id:fffw2:20180512223200p:plain

B1-4 ルビーブルー(インド)
RUBY BLUE
f:id:fffw2:20180512223216p:plain

B1-5 ブラウンマホガニー(インド)
BROWN MAHOGANY
f:id:fffw2:20180512223231p:plain

B1-6 ニューマホガニー(インド)
NEW MAHOGANY
f:id:fffw2:20180512223242p:plain

B2-1 インディアナジュパラナ(インド)
INDIAN JUPARANA
f:id:fffw2:20180512222949p:plain

B2-2 オイスターパール(インド)
OYSTER PEARL
f:id:fffw2:20180512223004p:plain

B2-3 マルチカラーレッド(インド)
MULTI COLOR RED
f:id:fffw2:20180512223017p:plain

B2-4 ホワイトサンドストーン(インド)
WHITE SANDSTONE
f:id:fffw2:20180512223028p:plain

B2-5 レッドサンドストーン(インド)
RED SANDSTONE
f:id:fffw2:20180512223044p:plain

B2-6 フェヴィストーン(インド)
FEVI STONE
f:id:fffw2:20180512223102p:plain

B3-1 ロマンチカ(インド)
ROMANTICA
f:id:fffw2:20180512222751p:plain

B3-2 マヨリ(インド)
MAJORI
f:id:fffw2:20180512222833p:plain

B3-3 パラディーソ(インド)
PARADISO
f:id:fffw2:20180512222849p:plain

B3-4 ブルーファンタジー(インド)
BLUE FANTAGY
f:id:fffw2:20180512222859p:plain

B3-5 グリーンローズ(インド)
GREEN ROSE
f:id:fffw2:20180512222916p:plain

B3-6 ロイヤルレッド(インド)
ROYAL RED
f:id:fffw2:20180512222927p:plain

B4-1 ファンタジーグレー(インド)
FANTASY GREY
f:id:fffw2:20180512222524p:plain

B4-2 ギャラクシーホワイト(インド)
GALAXY WHITE
f:id:fffw2:20180512222536p:plain

B4-3 バイオレットブルー(インド)
VIOLET BLUE
f:id:fffw2:20180512222617p:plain

B4-4 ティップホワイト(インド)
TIPPU WHITE
f:id:fffw2:20180512222634p:plain

B4-5 ハッサングリーン(インド)
HASSAN GREEN
f:id:fffw2:20180512222646p:plain

B4-6 コッタストーングリーン(インド)
KOTAH STONE GREEN
f:id:fffw2:20180512222706p:plain

イラン🇮🇷

B5-1 レッドトラバーチン(イラン)
RED TRAVERTINE
f:id:fffw2:20180512222306p:plain

B5-2 シラスベージュ(イラン)
SIRAZ BEIGE
f:id:fffw2:20180512222400p:plain

B5-3 グリーンオニックス(イラン)
GREEN ONYX
f:id:fffw2:20180512222413p:plain

サウジアラビア🇸🇦

B5-4 ガディール(サウジアラビア
GHADEER
f:id:fffw2:20180512222446p:plain

B5-5 ニューブルー(サウジアラビア
NEW BLUE
f:id:fffw2:20180512222457p:plain

トルコ🇹🇷

B5-6 フィオーレ デ ペスコ オリエンターレ(トルコ)
FIOR DI PESCO ORIENTAL
f:id:fffw2:20180512222508p:plain

ウクライナ🇺🇦

B6-1 カシュタン(ウクライナ
CASHTAN
f:id:fffw2:20180512221837p:plain

ギリシア🇬🇷

B6-2 ホワイトペンテリコン(ギリシア
WHITE PENTELICON
f:id:fffw2:20180512221911p:plain

B6-3 タソスホワイト(ギリシア
THASSOS WHITE
f:id:fffw2:20180512221929p:plain

B6-4 ティノスグリーン(ギリシア
TINOS GREEN
f:id:fffw2:20180512221941p:plain

B6-5 エルミス(ギリシア
ERMIS
f:id:fffw2:20180512222004p:plain

B6-6 レバディアブラック(ギリシア
LEVADIA BLACK
f:id:fffw2:20180512222017p:plain

B7-1 ピリオン(ギリシア
PILLION
f:id:fffw2:20180512223503p:plain

B7-2 バルカンホワイト(ギリシア
BALKAN WHITE
f:id:fffw2:20180512223515p:plain

マケドニア🇲🇰

B7-3 シベック(マケドニア
SIVEC
f:id:fffw2:20180512223529p:plain

B7-4 ゴールデントラバーチン(マケドニア
GOLDEN TRAVERTINE
f:id:fffw2:20180512223551p:plain

B7-5 アンバーオニックス(マケドニア
AMBER ONYX
f:id:fffw2:20180512223604p:plain

フィンランド🇫🇮

フィンランドは玉柄の大きな花崗岩が目立ちます。約15億年前に形成した岩石で、卵状の正長石の斑晶が特徴的。こういった種類の花崗岩をラパキビ花崗岩*1と言います。

B7-6 ラッピアブルー(フィンランド
LAPPIA BLUE
f:id:fffw2:20180512223616p:plain

B8-1 バラモラルレッド(フィンランド
BALMORAL RED
f:id:fffw2:20180512223258p:plain

B8-2 バルチックブラウン(フィンランド
BALTIC BROWN
f:id:fffw2:20180512223310p:plain

B8-3 カルメンレッド(フィンランド
CARMEN RED
f:id:fffw2:20180512223341p:plain

B8-4 フィンブルー(フィンランド
FIN BLUE
f:id:fffw2:20180512223419p:plain

B8-5 マスタングフィンランド
MUSTANG
f:id:fffw2:20180512223433p:plain

B8-6 ポッカラレッド(フィンランド
PORKKALA RED
f:id:fffw2:20180512223445p:plain

※ 石材名の表記は石の博物館の銘板に準じています。カタカナ表記が一般的な呼称と異なっている場合があるので、Google先生に一度聞いてみることをおすすめします。


参考文献

  • 『原色石材大事典』(全国建築石材工業会, 2016)

*1:ラパキビはフィンランド語の「rapa kivi」(もろい石)に由来。1891年にフィンランドの岩石学者ヤコブ・ゼーデルホルムが用いたのが初出。